« 霞丘陵へ | トップページ | よこやまの道 »

野川公園からはけの道

5/23は野川公園へ。

2021052301

三鷹駅からバスで野川公園入口へ。野川公園の入口近くには、近藤勇の生家跡。

2021052302

隣には祠があります。

2021052303

野川公園に入ると広い感じ。この日は爽やかな風が吹いて気持ちの良い日でした。

2021052304

ツツジがまだ咲いていました。

2021052305

大きな木が多く、まだ朝だったので涼しかったです。

2021052306

広い公園が良い感じです。

2021052307

しばらく歩いて東八道路を橋で渡り、進むと樫橋。

2021052308

水の流れは少ないけどきれいな感じ。先の方へ進んだら、子供連れの親子が川に降りて遊んでいることが多かったです。

2021052309

湧き水を見に行きます。いわゆるハケの地形の場所から水が滾々と流れ出していました。

2021052310

野川に沿って歩いていきます。

2021052311

野球場の先で左に折れて武蔵野公園を通過。

2021052312

途中にはこんもりしたくじら山。

2021052313

小金井新橋を渡ると遺跡の表示を見ました。

2021052314

住宅地をしばらく歩くと以前に来たことのある、はけの森美術館。もちろん緊急事態で休館中でした。

2021052315

裏手の湧水は今も流れていました。

2021052316

駅に向かう途中には、大きな木。旧谷口家のオニイタヤと説明版がありました。幹周4.2m、樹高14mだそうです。

2021052317

久しぶりに武蔵小金井駅に出て、終了でした。

 

 

« 霞丘陵へ | トップページ | よこやまの道 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 霞丘陵へ | トップページ | よこやまの道 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ