« 野川公園からはけの道 | トップページ | 八王子の神社と美術館巡り »

よこやまの道

久しぶりに5/29はよこやまの道へ。

2021052901

京王永山駅から歩き出して多摩東公園を目指したのですが、変な道を歩いてしまい、
かなりの遠回り。やっとのことで東公園に入り、弓の橋を渡ってようやくよこやまの道へ。

2021052902

ちょっと急な登りでよこやまの道に出ました。

2021052903

しばらく歩いて諏訪ヶ岳と表示のある三角点。四等三角点です。

2021052904

しばらくアップダウンをこなして歩いていくと、展望の良い場所に防人見返りの峠という表示がありました。
以前にはなかったような。

2021052905

この日は天気が悪く、近い丹沢の山でもぼんやりでした。

2021052906

ヤマホタルブクロをよく見かけました。

2021052907

普段だと逆から来るので、こちらからだと長く感じます。ようやく一本杉公園。

2021052908

大きい池もあり、以前に見ているので立ち寄りませんでしたが、古民家などもいくつかあります。

2021052909

階段を登らされたりして進むと鎌倉裏街道の古道。石畳は当時のものかどうか分かりませんが、古そう。

2021052910

だいぶ道路などを歩いて、再び山道になります。

2021052911

さすがにこの時期は暑いですね。昼食前に終わるつもりだったのですが、だいぶかかってしまい、
日陰のベンチでようやく持っていたドーナツを食べられました。

2021052912

小山田緑地への道を見て、唐木田駅に向かいます。

2021052913

唐木田駅に出ましたが、立ち寄るのによいお店がなくて、コンビニでサンドイッチ買って終了でした。

 

« 野川公園からはけの道 | トップページ | 八王子の神社と美術館巡り »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野川公園からはけの道 | トップページ | 八王子の神社と美術館巡り »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ