« 夏本番の高尾山から景信山 | トップページ | 奥庭からお中道 »

ミヨリ尾根から小金沢山、大菩薩嶺へ

7/22は大菩薩へ。

2021072201

上日川峠行のバスを砥山林道で下車。

2021072202

ミヨリ尾根に向かいます。沢に向かう道から離れて尾根に出ますが、これで良いのかな?
日差しは強いけれど、やはり標高があるせいか、少し朝は涼しいです。

2021072203

林道のような道から離れて尾根に取り付きます。ちときついけれど、少し登ると草の生えた雰囲気。

2021072204

登っていくと雰囲気が変わってきました。その先は岩ごつの登りに変わりました。

2021072205

かなりの急登になってひたすら頑張ると尾根が右に曲がります。もう上は近いかと思ったら、左が見えてまだまだ。
さらに登って初めて赤テープを見ました。

2021072206

さすがにもうそろそろだなぁと思うと今度は倒木連続地帯。なかなかしんどいです。

2021072207

最後は笹の中を進んで、右下から急にきれいな若い女性が登ってきて吃驚。そこは登山道でした。
この写真は尾根に出た所から少し登ったところ。

2021072208

少し登れば小金沢山に到着。富士山がちょっとだけ見えてました。左は牛奥雁ヶ腹擦山の方かな。

2021072209

大菩薩嶺に向かいます。歩きにくい稜線の道を下っていくと草原に出ます。

2021072210

ネバリノギランは久しぶりだなぁ。

2021072211

シモツケソウはお疲れの雰囲気。

2021072213

キバナノヤマオダマキは一つしか見かけませんでしたが、会えてよかった。

2021072214

コウリンカたくさん咲いていました。

2021072212

牛の寝分岐の先へ。

2021072215

介山荘のあたりはさすがにかなりの人でした。

2021072216

暑かったけれど頑張って登って大菩薩嶺まで。人が多いせいか、以前よりも山頂が広くなっているような気が。
人の影響ってすごいですね。

2021072217

雷岩に戻るとありゃ、ガスが多くなってきたぞ。

2021072218

唐松尾根を下ります。やはり涼しいな。上日川峠から裂石に向かいました。

2021072219

途中には大きな木もあります。上部は歩きやすかったですが、一度道路に出てからの下部は少し歩きにくいです。
下っていたら、なんと雨が降り出しました。あんなに天気良かったのに。さすが大菩薩の天気は急変するなぁ。

2021072220

下部の方まで来たときだったので傘をさして下りました。今日は千石茶屋はやっていなかったです。
祝日だけど平日扱いだったのかな。

2021072221

雨の中を大菩薩峠登山口に下山。すぐに止むかと思ったけどダメなようです。
バスで駅近くまで降りると降ってなかったけど、やがてポツポツ来たようでした。

2021072231

カイフウロに会えたのは、ホントに久々。大菩薩で会えたのは初めてかな。

2021072232

ラン科はよく分からないけど、ヤマサギソウかな?
初めて会ったお花でした。

 

« 夏本番の高尾山から景信山 | トップページ | 奥庭からお中道 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏本番の高尾山から景信山 | トップページ | 奥庭からお中道 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ