« 沼袋から江古田へ | トップページ | 奥多摩湖から月夜見山、三頭山へ その2 »

奥多摩湖から月夜見山、三頭山へ その1

7/10は奥多摩へ。

2021071001

くもりときどき晴れの予報でしたが、出かけてみたら、良い天気。でもこのところの雨で湿気が半端ないこと。
バスを降りて写真を撮ろうとするとカメラのレンズが曇りまくり。拭いてもすぐに曇るひどさでした。

2021071002

麦山の浮橋は久しぶり。
しばらく通行止めでしたが、雨で奥多摩湖の水量が増え、木曜日から通行できるようになったばかりでした。

2021071003

湖岸の遊歩道を進みますが、このところの雨のせいか歩いている人はいないようで、蜘蛛の糸攻撃がたくさんあって閉口。
でも、苔の生えたこんな所もあって雰囲気は悪くないです。

2021071004

対岸の山は倉戸山でしょうか。滅多に眺めたことのない景色でした。

2021071005

ひたすら歩いていくと沢を渡り、木段を登るとふるさと村でした。

2021071007

先の方へ歩いていくと突端に近いところに出ます。

2021071006

そこから月夜見山、風張峠方面への道が分岐します。のっけから木段道。

2021071008

樹林で日差しが遮られているのはいいけれど、ほんとに湿気がひどく蒸し暑い中の登りはしんどいです。

2021071009

だいぶ登って、キャンプ場を下に見ると道が分かれますが、そこには石仏が二つほど置かれていました。

2021071010

古い峠道っぽい雰囲気の緩やかな道。

2021071011

一旦、奥多摩周遊道路に出ます。少し車道を歩くことになります。

2021071012

再び山道に入って登っていきます。雰囲気は良いのですが、バイクの爆音などがうるさいです。

2021071013

だいぶ登ると右に薄い踏み跡が分岐しますが、左に行くように表示があります。

2021071014

頑張るとようやく風張峠と月夜見山の分岐に登り着きました。

2021071015

山道を辿ると再び周遊道路とお友達で、2度ほど車道を歩いたり山道に入ったりを繰り返します。

2021071016

きつい登りで大岩横を登り、左に緩やかに登ると月夜見山の山頂。久しぶりに来ました。
樹林で眺めはなく、バイクや車の音などが聞こえてきます。

続く。

« 沼袋から江古田へ | トップページ | 奥多摩湖から月夜見山、三頭山へ その2 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沼袋から江古田へ | トップページ | 奥多摩湖から月夜見山、三頭山へ その2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ