« 北岳に登るはずがテント持って夜行日帰りの巻 | トップページ | 滝尾古道 »

温泉のみのつもりが伊香保森林公園

21日は群馬へ。

2021082101

雨なので温泉に入って帰ればよいかと久しぶりに伊香保温泉へ。するとなんとか天気持ちそう。
山道具はなかったけど、ウォーキングシューズで山に向かうことに。
伊香保ロープウェイで山頂駅へ。
温泉だけのつもりだったのでカメラはコンデジのみ。このコンデジ後で調べたらなんと14~15年前のもの。よくもってるなぁ。
スマホもあるけど、落としたりすると嫌なので、カメラの方がいいよね。

2021082103

展望台からは少し展望があったけど、近くの山でさえぼんやり。

2021082102

山頂駅付近はコバギボウシがよく咲いてました。

2021082104

道路をしばらく歩いて管理棟。駅でもらった簡単な地図を片手に雌岳周遊コースに向かいました。

2021082105

むし湯跡。前はここにゴザでもひいてむし湯を楽しめたのでしょうね。

2021082106

だいぶ登るとオンマ谷への道と分かれて雌岳へ。

2021082107

ブレブレ写真になってしまったけど、だいぶ登って七合目避難小屋。すぐ先が雌岳への分岐。

2021082108

急な道を登って雌岳の頂上。ホワイトアウトで何も見えず。

2021082109

ホツツジは少し遅かった感じ。

2021082110

分岐に下って、先の分岐を下りようと思っていたら、崩落のために通行止め。
うーむ、少し思案して、結局、雄岳に向かうことに。

2021082111

しばらく登って電波施設を過ぎてわずかで雄岳の山頂。石祠だけでなく石灯籠までありました。

2021082112

山頂は岩場。

2021082113

近くの山がちらりと見えたくらいでした。池っぽいけど、榛名湖の一部かな。手前は榛名富士あたりのようで。

2021082114

分岐に戻ってオンマ谷駐車場に下りました。岩ゴロの道で、ちとウォーキングシューズではきつい道。

ここで道標を見て、右は榛名湖、左は伊香保とあり、地図を見て、南に向かおうと思ったら、それが誤り。
普段使っている地図は上が北なので、南は下と思い込んでいたら、もらった地図は伊香保を下にして書かれていて、
北が下で上が南でした。本当は榛名湖の方にわずかに進んでから、右に入るのが正解だった模様。

2021082115

すぐ下にオンマ谷風穴。あまり風穴っぽくないけど、ひんやりした風が来ていて、少し涼しいです。
でも、風が吹き付けて天候悪化の雰囲気。

2021082116

どんどん左に向かって曲がっていき、最初は歩きやすかった道は岩ゴロの谷の中を進むようになって、
ミスったことに気づいたけど、もう進むしかありません。オンマ谷の表示があり説明が書かれていました。

2021082117

ひたすら登ると行きに通った雌岳への分岐に出ました。やっぱり。
ゴロゴロ鳴り始めたので、急いで下ります。
ひたすら下って管理棟。これからロープウェイに向かう道は雷と反対方向なので助かりました。

2021082118

まだ雷が来るまで間に合いそうなので展望台に立ち寄りました。
さすがに少し雷が鳴っているので、デッキの上に上がるつもりはなかったものの、やはりわずかに眺めがありました。

2021082119

無事に山頂駅に到着。ロープウェイに乗り込んで待っていたら、雨が降り出しました。

2021082120

もちろん最後は温泉。露天風呂で入浴して冷えた体を温めました。出るともう雨は止んでました。

のんびり帰りました。

 

 

« 北岳に登るはずがテント持って夜行日帰りの巻 | トップページ | 滝尾古道 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは。
森林公園は一度だけ行ったことがあります。
水沢山に登ってからだったので、オンマ谷までは行きませんでした。
あのあたりだと、真夏は暑いでしょうか。
でも、雨に降られずに、温泉にもはいれて、スッキリできたでしょうね。

はなねこさん、こんにちは。
ワクチン接種で副反応で熱出したり、出かけていたので、遅くなりました。

オンマ谷行かれていませんでしたか。
通るつもりではなかったけど、予想外に歩いてしまいました。
でも、オンマ谷は風穴もあるし、それ以外でも冷気の出口があるようで、結構涼しかったです。
登りに変わったら、急に蒸し暑くなってメガネが曇ってしまい、やはり谷の中は涼しかったのだなと思わせてくれました。
露天風呂は弱い雨の中でしたが、久しぶりの温泉は気持ち良かったです。
早くまた前のように自由に温泉にも行けるようになると良いのですが、終息は難しそうですね。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北岳に登るはずがテント持って夜行日帰りの巻 | トップページ | 滝尾古道 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ