« 奥庭からお中道 | トップページ | 北岳に登るはずがテント持って夜行日帰りの巻 »

富士山五合目から精進湖へ

奥庭からお中道の続きです。

2021072519

五合目駐車場へ降りていくと大きな看板があって、そこから精進湖登山道が始まっていました。

2021072520

以前は登山バスが走っていたという道のようですが、今はそんな雰囲気ではありません。
でも、少し昔の舗装の跡っぽいものが残っていたりしました。
この道もよくシャクナゲが咲いていました。

2021072521

降りていくとさすがに少し湿気もあって蒸し暑くなってきました。
まだ少し肌寒いけれど長袖シャツを脱いで半袖で下ります。

2021072522

だいぶ下ると樹林が変わった感じ。カラマツ特別母樹林の表示があり、原生林なのですね。

2021072523

だいぶ下って三合目の広い場所。
ずっと樹林の中だったので、休み場所としてはちょうどいいけれど、日差しも出てきて少し暑め。

2021072524

ときおり人に会って下っていくと三合目のバス停がありました。
ここから帰るつもりでしたが、まだ11時30分前。ええい、下ってしまえと先に進みます。

2021072525

道は続いているものの、やはり歩く人は少な目の雰囲気です。

2021072526

だいぶ下ってSYO09の標識の所で道路を横断。

2021072527

その先が笹も増えてかなり心細くなる道。
途中ではブフォっとか、猪か何かの低い鳴き声も聞こえて、焦りながら超ハイスピードで進みます。
ここは鈴とか、鳴り物があった方がよいかと。それに道も怪しい感じで、これで良いのかなと心配になるところもありました。
写真のあたりまで来ると道もしっかりして少しホッとした所。

2021072528

やっとSYO10の標識があれば、そこが天神峠。あまり峠とは思えない場所。
休んでいる人がいました。

2021072529

SYO11の標識の所にも人がいました。長尾山にでも登ったのかな。
先へ行くとしばらくでSYO13の標識。

2021072530

その先がひたすら長い樹林の中の道。どこを歩いているのかさっぱり分からなくなります。
道はずっと続いているので迷うことはないものの、一人だと心細いです。その上天気まで曇って怪しい感じ。

2021072531

急に軽装で歩いている人達を見かけて吃驚。先へ行くと富士風穴の標識があったので立ち寄ることにしました。

2021072532

監視員さんがいました。中に入って出てこられなくなったりしたら大変ですからね。
入口だけ見て終了。

2021072533

分岐に戻って先へ行くと道路があって、そこに何台も車が駐車されていました。
なるほどそこに置いて風穴を見学しにいく人達がいるようですね。

渡って先へ進みます。

2021072534

これまたひたすら長い道が続きます。

2021072535

さすがにこの辺りまで来ると低山の雰囲気。かなり蒸し暑くなってきました。

2021072536

ひたすら暑い道を進むとやっとSYO16の標識。

2021072537

その先もまた長い長い道のり。樹林の中をひたすら歩きます。
舗装された道が出てきますが、それでもまだ樹林の中の道。途中には古い文字の書かれた石が置かれていました。

2021072538

SYO17の標識が出てきて、これで精進湖まであと10分ちょっとのはず!

2021072539

最後は道路に出て、登山口の標識がありました。
何台も車が止まっていたのは、入っている人がそれなりにいるようです。

2021072540

やっと精進湖。大学の頃に合宿で来た事がありましたが、それ以来かな。

2021072541

赤池バス停でしばらく待って、河口湖に戻りました。

ありゃ、ここに降りたら大月駅で買った「富士山五合目フリーきっぷ」使えないやん!(T_T)
帰りの河口湖からの電車は使えるので、数百円の損だから、まあいいかって感じでした。

 

« 奥庭からお中道 | トップページ | 北岳に登るはずがテント持って夜行日帰りの巻 »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥庭からお中道 | トップページ | 北岳に登るはずがテント持って夜行日帰りの巻 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ