« ミヨリ尾根から小金沢山、大菩薩嶺へ | トップページ | 富士山五合目から精進湖へ »

奥庭からお中道

7/25は富士山へ。

2021072501

河口湖はいい天気だったのに、五合目行きのバスに乗って奥庭で下車するとありゃ、ガスってます。
長袖シャツでも寒くてウィンドブレーカーまで着込みました。

2021072502

まずは奥庭散歩へ。やはり高山の雰囲気。

2021072503

石畳を固めた感じの道で向かいます。

2021072504

シャクナゲが結構咲いていました。

2021072505

奥庭荘、立ち寄らなかったけど営業していました。

2021072506

少し先には鳥居。天狗岩は小さな岩でした。あたりにはシャクナゲがたくさん。

2021072508

奥庭を歩いてみましたが、展望台はもちろん真っ白で何も見えませんでした。

2021072507

コケモモが咲いてましたが少し咲いてから時間が経った感じ。

2021072509

奥庭の駐車場に戻ってからお中道に向かいます。
近くにはB、Cという二つのルートがあるみたいですが、Cルートにしました。

2021072510

最初は樹林帯をのんびり登っていきます。

2021072511

富士山と言えばイタドリ。雌雄両方たくさんありました。

2021072512

しばらく登ると大沢崩れへの道が分岐しますが、もう長いこと通行止め。
富士山の状況を考えれば、おそらく整備されることもないでしょう。

2021072513

さきへ進むとこのあたりが御庭かな。まだガスが。

2021072514

歩いているとやっぱりシャクナゲたっぷりです。このあたりは少し遅かった雰囲気。

2021072515

途中には休憩舎がありますが、この状況では休みたくないなぁ。

2021072516

ガスが上がってきているところは荒涼とした雰囲気。
さすがにウィンドブレーカーは脱いだものの、ガスの中はやっぱり肌寒いです。

2021072517

樹林帯に入るとやっぱりシャクナゲたくさんでした。

2021072518

急に人が多くなって、突然都会に飛び出したような雰囲気の五合目。せっかくなので富士山小御嶽神社に立ち寄ってお参りしました。

続く。

 

« ミヨリ尾根から小金沢山、大菩薩嶺へ | トップページ | 富士山五合目から精進湖へ »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

なるほど~
富士山で涼む、というのも良いアイデアですね。
登るもの、という思い込みでした。
これなら日帰りで十分楽しめますね(^^♪
バスは混んでましたか?

cyu2さん、お久しぶりです。
cyu2さんはこの状況でもアクティブですごいですね。

富士山の5合目付近は避暑にうってつけです。
静岡側は結構歩きましたが、山梨県側は初めて。
ガスだったので予想以上に涼しかったです。
ハイキングコースがいくつかあるので長短選べますね。

自分の乗ったバスは早朝だったので人は少なかったです。
五合目は直通バスでくる人達がかなりいて、人が多かったですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミヨリ尾根から小金沢山、大菩薩嶺へ | トップページ | 富士山五合目から精進湖へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ