« 温泉のみのつもりが伊香保森林公園 | トップページ | 憾満ヶ淵へ »

滝尾古道

8/28は日光の滝尾古道へ。

2021082801

バスに乗り、神橋で下車。観光客が多いな~。水が澄んでいる感じ。

2021082802

輪王寺は大きな寺だなぁ。自分は日光の社寺は巡ったことがないので、初めて。
時間がないので外観のみで終了。

2021082803

奥に歩いていくと香車堂と開山堂。

2021082804

北野神社は道真公を祀る神社だそうな。いかにも古そうな神社ですね。

2021082805

苔むした石畳が古道の雰囲気。

2021082806

途中には杉の巨木あり。

2021082807

神馬の碑。徳川家康が乗った名馬の碑だそうな。

2021082808

大小べんきんぜいの碑。庶民に分かりやすくするために漢字は大小だけだそうな。

2021082809

滝尾神社の石段。苔むしているのがまた雰囲気ありあり。

2021082810

運試しの鳥居。小石を投げて上にある真ん中の穴を通ればいいらしいです。

2021082811

本殿でお参りしたのち、先に進むと石橋。年齢の数だけ歩数を踏むと願い事がかなうそうな。

2021082812

ご神木の三本杉。古木のようですが、二代目だそうな。

2021082813

ちょっと写真が遠いけど、子種石。時計回りに回ると子宝に恵まれるそうです。

2021082814

戻って沢の奥には白糸の滝。ヒルが怖いので近寄りませんでした。

2021082815

分岐に戻って登ると行者堂。役小角などが奥に置かれているのが見えました。

2021082816

左手からは女峰山。この道、歩いてみたいな。

2021082817

下っていくと空烟地蔵。逆光だったので、写真が暗い感じになってしまいました。

長いので続く。

« 温泉のみのつもりが伊香保森林公園 | トップページ | 憾満ヶ淵へ »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 温泉のみのつもりが伊香保森林公園 | トップページ | 憾満ヶ淵へ »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ