« 憾満ヶ淵へ | トップページ | 栃木 羽黒山 »

越後湯沢温泉 山の湯 2021

8/29は越後湯沢へ。

2021082901

暑くて山に行く気がせず、久しぶりに越後湯沢温泉へ。
今日はスマホ画像なので横型。

山の湯は営業していました。
コロナ対策もしっかりされていて、脱衣場には空気清浄機も置かれていました。
お風呂も以前は窓が閉められて浴場内が熱かったのですが、今は開けられていて、涼しく入れて良かったです。

何度も通っているお湯ですが、やはり何度入っても良いもの。
ほんのり香る硫黄の香りがたまりません。

久しぶりにとても気持ちよく入浴できました。

帰りの列車まで時間が余ってしまったので、お散歩。

2021082902

駅で地図見ていたら、魚野川に公園があるので行ってみました。穴沢河川公園という公園のようです。

魚野川を渡る橋の上からは谷川連峰が見えるはずですが、この日は雲がかかっていました。

2021082903

新潟側は良い天気。近くの山でも登れば良かったなぁ。。。

2021082904

橋の上にキキョウが雑草のように咲いていました。

 

« 憾満ヶ淵へ | トップページ | 栃木 羽黒山 »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
越後湯沢に山の湯というところがあるんですね。
駒子の湯とかは駅前の地図?に載ってて存在は知っていましたが。
以前山の帰りに観光案内所で日帰り入浴場所を聞いた時には、
徒歩圏内にはない、と言われいつもの江神に行ってしまったのですが。
すごくよさそうな温泉ですが、駅から徒歩で行けるくらいの距離ですか?
地図を見ると、ん~?(距離感が解らない・笑)
だいたい、湯沢に行ったときはもう歩きたくない状態で、
駅から近い温泉ばかりだったのですが。
行ってみたい気持ちになりました♪

cyu2さん、こんにちは。

越後湯沢の日帰り温泉の中では一番好きなお湯です。
歩くと15分から20分くらいかかりますので、普通は車なのかな。名前の通り、山の近くにありますので、高台に登らないといけません。
もう慣れたので、土産物屋などを物色しながら歩くとそんなに遠く感じないです。地図で見るとガーラ湯沢の方が近いみたい。
さすがに疲れているときは自分も行きませんが、いつも走っているcyu2さんなら、問題なく歩けるのでは。時間に余裕があればどうぞ。
本文にも書いたけれど、源泉掛け流しで。ほんのりの硫化水素の香りがたまらないので、時間があれば通ってしまいます。
ただし、浴場が小さめなので混んでいるときもあります。

駒子の湯の方が確か近いはずです。
昔スキーに行ったときに入ったくらいですけど、混合泉でごく普通のお湯だったような気が。
今は変わったかもしれませんけどね。このblogでも書いてなかったから、そのうちに行かないといけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 憾満ヶ淵へ | トップページ | 栃木 羽黒山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ