« 沖之沢右俣左岸尾根から権現山 | トップページ | 物見山から笛吹峠 »

官ノ倉山へ

9/20は奥武蔵へ。

2021092001

快晴の日に官ノ倉山へ。山を初めて2回目の山行が確か官ノ倉山でした。その時は小川町から歩き出して東武竹沢駅に歩いたものと思います。
レポも書いてない頃だったので、忘却の彼方。
それにしてもなんでこんな日に官ノ倉山かというと、北面にソーラー発電所が計画されていると雑誌に書かれていたからです。
建設されたらだいぶ変わってしまうのだろうなと思い、記憶に残しておこうと思ったので行くことにしました。
ということで東武竹沢駅が歩き出し。昨日も歩いたので、足が筋肉痛状態です。

2021092002

のんびり歩いていきます。途中は山に向かう感じではなかったけど、やがて山が近づいてきました。

2021092003

三光神社に立ち寄ります。手前には大スギ。目通り4.6mだそうです。しっかりお参り。

2021092004

だいぶ山が近づくと古びた道標があり、小川を渡って山に入っていきます。

2021092005

天王池がありました。あまりきれいな池ではない模様。

2021092006

まだアジサイの咲き残りがありました。

2021092007

谷から斜面の登りを頑張ると分岐に着きます。山頂まではもう少し。

2021092008

ということで官ノ倉山の山頂。やはり人がそれなりにいました。

2021092009

遠くに見えるのは榛名山あたりかな?

2021092010

すぐ下には浅間神社の祠。

2021092011

目の前からは堂平山あたりでしょうか。奥武蔵の山を眺めることができます。

2021092012

下って登って石尊山に到着。こちらも気分の良い小ピーク。

2021092013

低い山々ですが、やはり広い眺めは良いな。

2021092014

しばらく下ると北向不動の下。登りましたが階段がめっちゃ急なので怖かったです。

2021092015

反対側には木の樋から水が流されていました。

2021092016

民家近くの道をしばらく歩き、再び山道に入ると馬頭尊と村境の石標がありました。

2021092017

長福寺の前を通り、さらに進むと八幡神社。なかなか立派な神社です。しっかりお参り。
鎌倉幕府滅亡の際に亡命した守邦親王が神明社の境内に勧請したのが八幡神社の始まりとか。

2021092018

神社前から桜の古木を見ながら歩くと大きな鳥居。

2021092019

駅が近づいた頃、仙覚律師遺跡という表示があり、立ち寄ってみました。
石仏が並んだ道の先にお堂が。でも開いてません。

2021092020

あたりは中城跡という城跡のようです。大きな石碑が並んでいます。

2021092021

ヒガンバナがたくさん咲いていました。

2021092022

元の道に戻ってしばらく歩くと酒蔵があったので立ち寄ってお酒の小瓶を買い込み、小川町駅に出ました。

 

« 沖之沢右俣左岸尾根から権現山 | トップページ | 物見山から笛吹峠 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖之沢右俣左岸尾根から権現山 | トップページ | 物見山から笛吹峠 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ