« 越後湯沢温泉 山の湯 2021 | トップページ | 初秋の陣馬山 »

栃木 羽黒山

9/5は宇都宮へ。

2021090501

雨予報だったので雨でも歩ける山を選択。
羽黒山に行くには羽黒山入口で下車するのが良いのですが、宇都宮駅からの玉生行きのバスは本数が少ないです。
バス停一つ手前の今里行きならちょうどよい時間にあるので、それに乗りました。

2021090502

わずか先の信号を曲がった右に羽黒山入口がありました。しばらく歩いて羽黒山入口まで歩いたのですが、
これは間違って帰りの林道から降りて来るところでした。

2021090503

ということでちょっと時間をロスして、参道の入口へ。

2021090504

高い杉が立ち並んだ道を緩やかに登っていきます。

2021090505

やがて石畳の道に変わります。途中には鳥居がありました。

2021090506

ここは三丁。ところどころ見逃してしまいましたが、上まで続いているようです。

2021090507

石畳は濡れていて滑りやすいです。途中にはわずかですが水も流れていました。
登っていくと朝水舎。身を清めるために使用した水のようですが、今は水は流れていないようです。

2021090508

さらに進むとだいだら坊の岩という表示がありましたが、10分と書かれていたので行きませんでした。

2021090509

十丁あたりは少し緩やか。

2021090510

ヤマジノホトトギスが咲いておりました。

2021090511

やがて道路を横切りますが、その先の坂は急坂。カラッソ坂という名前だそうです。

2021090512

登り着くと石碑が。左にはお店がありましたが、コロナで休業中でした。

2021090513

先へ進むと左に展望台がありました。遠くの山が眺められました。右の方は筑波山らしいです。

2021090514

神社の鳥居付近も高い杉が立ち並んでいます。

2021090515

途中には夫婦杉。とちぎの名木百選に選ばれているようです。確かに根本は一つのようです。

2021090516

石段にはシュウカイドウが咲いていました。

2021090517

羽黒山神社でお参り。

2021090518

先へ進むと富士見の穴がありました。木柱に穴が開いていて、天気が良ければ富士山が見えるらしいです。

2021090520

先へ進むと羽黒山の表示。三角点は見えなかったけどヤブの中かな?

2021090521

先へ少し下ると密嶽神社。昔は大権現だったのが、明治の神仏分離で改称したようです。

2021090522

往路を展望台へ戻り、再度眺めた後は林道を下りました。朝間違った入口に出て、今里バス停に戻りました。
結局、雨には降られずに歩けました。

 

« 越後湯沢温泉 山の湯 2021 | トップページ | 初秋の陣馬山 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 越後湯沢温泉 山の湯 2021 | トップページ | 初秋の陣馬山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ