« 初秋の陣馬山 | トップページ | 官ノ倉山へ »

沖之沢右俣左岸尾根から権現山

9/19は権現山へ。

2021091901

猿橋駅からのバスを随分久しぶりに終点の浅川で下車。

2021091905

沖之沢右俣左岸尾根に取り付きます。取り付きは少し先に進んだ作業道らしきところから取り付きました。

2021091903

尾根に出るとなかなか良い雰囲気。ちょっと傾斜が急ですが、このあたりは気分よく歩けました。

2021091904

尾根がだんだん狭くなると斜度も上がって厳しくなります。

2021091905

壁のような所に出て厳しい登りでした。
滑落などしないように注意しながら登り、だいぶ登ると横に通っている踏み跡がありましたが、
巡視用のものかな?

2021091906

踏み跡のない笹の斜面を登ると登山道に出ました。左へわずかに登ると何もないピークと思いきや、プレートがありました。

2021091907

右へしばらく歩いて権現山に登るとしっかり富士山。本当に久しぶりに会えた感じです。

2021091908

反対方面の山もよく見えていました。

2021091909

今日は扇山を目指します。少し戻って浅川峠に向かいます。

2021091910

登って来る人も少な目な感じ、数人会ったくらいでした。

2021091911

随分下って浅川峠。

2021091912

曽倉山への登りになるとシモバシラがよく咲いていました。

2021091913

曽倉山を通過。

2021091914

扇山への登りは少し道が変わっていて歩きやすくなってはいたけど、やっぱりきつい登り。
この木を見れば、もう山頂はあとわずか。

2021091915

やっぱり扇山からも富士山はしっかり見えていて良かったです。

2021091916

人はそんなに多くはなく、静かな雰囲気。まだ夏の雰囲気でした。

2021091917

下りは普通に梨の木平に向かいます。こちらも随分久しぶりの道。

2021091918

結構下りは長くて疲れました。梨の木平の登山口付近には観音像。

2021091919

バスは来ないけど、バス停は残されているようです。

2021091920

天気は本当に良くて暑いけれど気持ち良いです。

2021091921

鳥沢駅に出て終了でした。

 

« 初秋の陣馬山 | トップページ | 官ノ倉山へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、お久しぶりです。ようやく秋らしい気温と天気になってきましたね。今年3月に笹尾根を西原峠から生藤山まで歩いた時、南側に横たわる権現山の長い稜線が気になっていました。いつか端から端まで歩いてみたいと思っています。

たまびとさん、こんにちは。
権現山付近は随分歩きましたが、それなりに人には会うものの、
そんなにすごい人数に会うこともないので、比較的静かな山域です。
やはり良い天気の日に歩けると楽しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初秋の陣馬山 | トップページ | 官ノ倉山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ