« 栃木 羽黒山 | トップページ | 沖之沢右俣左岸尾根から権現山 »

初秋の陣馬山

9/12は陣馬山へ。

2021091201

ホントは別な山に行くつもりだったけど、天気が悪いので別な山へ行こうと急遽思い立って出かけました。
藤野駅からのバスを陣馬登山口で下車して歩き出しますが、すごい湿気。レンズを拭いても拭いても曇る感じでした。
滅多に登ったことのない栃谷尾根を登ることにします。

2021091202

ヒガンバナがちらほら。

2021091203

栃谷休憩所に立ち寄り。気温はそんなに高くはないのに、湿気で蒸し暑いので顔を洗いました。

2021091204

石祠のある所から登っていきます。

2021091205

簡易舗装の細い道を登っていくと水墨画みたいな世界が広がっていました。

2021091206

ゲンノショウコが咲いていました。

2021091207

樹林の中をしばらく登ると木祠のある所に出て、少し尾根が緩くなります。

2021091208

今回はヤマホトトギスが咲いていました。

2021091209

すごく暗くなり、雨が降るのかなと思うくらい。キバナアキギリがたくさん咲いていました。

2021091210

結構、上部は木段が続いてそれなりに登らされました。わずかに霧がかかっていましたが、すぐに霧は消えました。

2021091211

センニンソウだそうです。

2021091212

回りは白一色で近くの山さえ見えない状態でした。

2021091213

オンタデもあったのですね。

2021091214

ネジバナの咲き残りがあって吃驚!

2021091215

ツリガネニンジンがちらほら咲いておりました。先日の涼しさのせいか、わずかに木の色が変わっている感じが。

2021091216

下りも藤野駅に向かいます。

2021091217

たくさん登ってくるかなと思ったら、天気の悪さのせいか、そんなに多くはなかったです。

2021091218

めおと坂と書かれた分岐がありました。前からあったかなぁ?

このあと珍しくかなりの人数の若い人のグループに会いました。

2021091219

大きな木があれば、そこから先は簡易舗装の道。陣馬登山口のバス停に戻りましたが、まだ30分以上の待ち。
藤野駅まで速足で歩いたら、バスよりも早いだけでなく、前の列車に間に合ってしまいました。

2021091220

今回のヒット作、ヒオウギに会えました。でも植栽かなぁ???

 

« 栃木 羽黒山 | トップページ | 沖之沢右俣左岸尾根から権現山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栃木 羽黒山 | トップページ | 沖之沢右俣左岸尾根から権現山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ