« 官ノ倉山へ | トップページ | 高峰から御岳山 »

物見山から笛吹峠

9/23は奥武蔵へ。

2021092301

どうも奥武蔵の軽い山に足が向いてしまうこの頃。この日も高坂駅が歩き出し。

2021092302

高坂彫刻プロムナードとあり、彫刻が点々と置かれています。

2021092303

しばらく歩いてこども動物自然公園。入ってみようかと思ったけど、人が多かったし、もちろん料金もかかるし、
ということで素通り。

2021092304

大東文化大学のキャンパスを横目で見ながら長い坂を登り、左に折れてしばらく進むと物見山公園の入口。

2021092306

埼玉ピースミュージアムに入ります。入館料は無料。
その名の通り、戦争当時に関する資料などが置かれていたり、教室が再現されていたりします。

2021092307

展望室に上がると広い眺めが楽しめました。ちょうど上がった時にいた人たちが降りて行ったので、
しばらく一人占めでした。

2021092308

わずかに先に行けば物見山。家族連れがいるくらいで、静かな山頂を楽しめました。

2021092309

大きな木の下のベンチで昼食。

2021092310

この山はツツジが多いようですが、返り咲きのツツジが咲いてました。咲きすぎて満開?

2021092311

ちょっとどこから行けばよいのか迷いましたが、物見山から下って岩殿観音正法寺。
なかなか風格のあるお寺。右手の岩の所には石仏がずらりと並んでいて、また雰囲気がありました。

2021092313

緑を楽しみながらしばらく歩きます。なぜか道路の横下に踏み跡が。
ときどき道路に出ながらそれを歩きました。

2021092315

地球観測センターがありますが、この日は休館。いずれにしてもコロナで予約が必要なようでした。

2021092316

適当に道路を下っていくと広い所に出ました。先へ進んだら無印良品の配送センターに出てしまいます。
どうも道を誤った模様。仕方なく歩道もない、車の多い道を右へ。

2021092317

東松山市との峠付近に入れる道がありますが、道標類は一切ありません。
でもこれしかないなとその道に入ります。

2021092318

脇道がたくさんありましたが、磁石を見ながら進んでいくと配送センターの裏手をフェンス横の踏み跡で進んでいきました。分岐を直進します。

2021092319

そこからはあっけなく笛吹峠に到着。里山は難しいですね。

2021092320

道路の峠で面白味はありませんが、ここは中世の鎌倉街道。
新田義貞と足利尊氏が戦ったときに最終的な決着がついたのがこの地だそうな。

2021092321

下っていくと日吉神社があったのでお参り。草も生え、あまり人の来ない静かな神社のようです。

2021092324

橋とは思えない所に縁切橋の表示。征夷大将軍坂上田村麻呂が岩殿の悪龍退治にこの地に来ている時に、
奥方が心配して京から訪ねてきたが、大命を受けて出陣しているのに追いくるとは何事だと怒り、
奥方が帰る時にこの橋で縁を切ると宣言したそうな。
なので地元では、新郎新婦は渡ってはいけない橋だそうな。

2021092325

標識を見て、左に曲がって大蔵館跡に立ち寄り。
ここは以前に来ているけど、源義賢の居館跡。

2021092326

しばらく歩いて源義賢のお墓にも立ち寄り。小屋掛けされた中に五輪塔が置かれていました。

2021092327

武蔵嵐山駅に出て終了でした。

 

« 官ノ倉山へ | トップページ | 高峰から御岳山 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 官ノ倉山へ | トップページ | 高峰から御岳山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ