« 物見山から笛吹峠 | トップページ | 龍崖山、多峯主山 »

高峰から御岳山

9/26は奥多摩へ。

2021092601

御嶽駅を歩き出し、高峰に向かいます。そういえばもう歩いてから随分経つなと思って久しぶりのルートどり。

2021092602

畑などを見て先に進み、獣害避けフェンスを過ぎて先に行くと道標と看板が。
RUN&BEERと書かれていて、地元のお店の人が立てたようですね。

2021092603

久しぶりにツリフネソウ。

2021092604

あたりは伐採された斜面を少しきついじぐざぐで登っていきます。

2021092605

樹林の中に入ると霧でした。

2021092606

再び看板。2020だから立てて間もないようです。

2021092607

踏み跡の尾根を辿ります。

2021092608

少し濃いめの霧の所も。

2021092609

やがて道標の裏手に登り着いて、そこが高峰の山頂でした。

2021092610

日の出山に向かいます。やっぱり直下はきつい登り。

2021092611

日の出山の山頂にはそこそこ人がいました。

2021092612

御岳山へ向かっていると雨が降り出してしまいました。秋海棠がちらほら咲いていました。

2021092613

御嶽神社でお参り。少し雨が止んだかな。

2021092614

神代ケヤキはいつも通り。

2021092615

大楢峠はいつ歩けるようになるのかな。

2021092616

下山は古里へ。やっぱりこのあたりの雰囲気は好きな所。

2021092617

大塚山の山頂も静か。でも下の休憩舎に女性グループが休んでいました。

2021092618

カシワバハグマが咲いてました。

2021092619_20211013220201

ひたすら雨の中を下って登山口に到着。

2021092620_20211013220201

古里駅に向かうと消防の案内が。何か事故が発生したようで、サイレンの音が鳴り響いていました。

 

« 物見山から笛吹峠 | トップページ | 龍崖山、多峯主山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 物見山から笛吹峠 | トップページ | 龍崖山、多峯主山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ