« 高峰から御岳山 | トップページ | 戸倉城山と金毘羅山 »

龍崖山、多峯主山

10/2は飯能へ。

2021100201

のんびり起きて飯能駅へ。駅から歩いて割岩橋を渡ります。

2021100202

飯能河原はこの日、封鎖中でまったく人がいない珍しい光景。入口には警備員さんまでいました。

2021100203

しばらく歩いて龍崖山公園入口。

2021100204

何人か公園に入ったけど、山に向かう人は少ない模様。

2021100205

しばらく登るとベンチのあるピークからは広い眺め。青空が素晴らしい感じでした。

2021100206

燧山からちょっと下り。

2021100207

コスモスがよく咲いていました。

2021100208

展望台からは富士山が。肉眼ではほんのわずかにうっすら見えましたが、写真では無理みたいですね。

2021100209

久しぶりの山頂。家族連れが一組いるだけの静かな山頂でした。

2021100210

山頂の石祠も健在。

2021100211

ロープの付いた急な道を下ってやがて八耳堂に降り立ちました。

2021100212

少し水量が多く見えたので、ドレミファ橋を渡れるかなと思ったけど、問題なく渡れました。

2021100213

しばらく歩き、多峯主山の登山口。

2021100214

御岳八幡神社は手前を新しくしたのかな。やはりこちらはたくさんの人に会いました。

2021100215

久しぶりの多峯主山も人が多く休んでいました。

2021100216

住宅地があるのが今一つだけど、やはり眺めが良いです。

2021100217

先へ急な所を下って高麗駅に向かいます。

2021100218

途中、住宅地がよく見える場所がありました。

2021100219

高麗駅に出て終了でした。

 

« 高峰から御岳山 | トップページ | 戸倉城山と金毘羅山 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高峰から御岳山 | トップページ | 戸倉城山と金毘羅山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ