« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

紅葉の尾根から浅間嶺

11/3は奥多摩へ。

2021110301

遅出で10時半過ぎのバスで上川乗。もう降りたのは11時半近い時間。

2021110302

タル沢右岸尾根に取り付きますが、超急登。

2021110303

ようやく少し斜度が緩んでまともな尾根になります。

2021110304

大きなモミと思われる木を見るあたりはやっぱり急登。

2021110305

小ピークあたりまで来ると紅葉が。

2021110306

さらに尾根を辿って登っていきます。左側が比較的きれいな感じ。

2021110307

途中のピークには703mの札が風に揺れていました。

2021110308

良い雰囲気の所を通過していきます。

2021110309

真っ赤とはいきませんが、なかなかの色合いのモミジも見かけます。

2021110310

少し通り過ぎましたが、戻ると793mの札がありました。

2021110311

先へ進んで登っていくと植林地の看板がありました。

2021110313

登り着いたあたりは伐採地になっていて、御前山と三頭山の眺めがいい雰囲気でした。

2021110312

尾根を右に進んでいったら、行き過ぎたようで、天領山まで行ってしまいました。

2021110314

でもそのおかげで少しきれいな木も見られたので良かったです。

2021110315

もどった先には浅間嶺がちらり。その向こうは三頭山です。

2021110316

知らない間に通過していた入沢山は戻ったらしっかり山名板が付いてました。

2021110317

しばらく先へ進んで下り、登り返せば浅間嶺。もう13時半過ぎだったから、人もいないだろうと思ったら、団体さんもいてまだまだ人のいる山頂でした。

2021110318

普通の払沢の滝を目指して下りますが、途中が大伐採地になっていて、これまた吃驚。

2021110319

営業していた瀬戸沢のお休み処に立ち寄りたかったけど、今日は時間が遅く、帰りが遅くなるのでパス。

2021110320

もう営業していない茶屋の前からの御前山。メンテする人もいないのか前はヤブが伸びつつありました。

2021110321

今日も時坂峠から下ります。前通った時、桟道が壊れかけていたけど、しっかり直されていました。

2021110322

降りていくとなんか右側の斜面の紅葉が微妙な美しさ。

2021110323

バス停に着くと1分でバスが来るという時間でついてました。

 

四万清流の湯

稲包山の帰り。

2021103036

本当は河原の湯に入りたい所でしたが、さらに時間が限られてしまっていて、14時までの入浴時間になっていました。当然時間は過ぎていたので諦めます。バスに乗れば良かったのですが、時間が合わなかったので、歩いて四万清流の湯へ。さすがに歩きだとかなり遠かったです。

入浴料は500円でした。

さすがに紅葉時期ということもあり、観光客もすっかり戻ってきた感じ。そのせいかかなり混んでいて、しばらく待ってくださいとのこと。だいぶ待たされるのかなと思ったら、意外に早く入れました。

浴場もそれなりに人が多かったですが、内湯はそんなに混んでない感じ。この日は比較的ぬるめな感じだったので、ゆっくり浸かり、すっかり冷えた体を温めました。

さすがに帰りは16時過ぎのバスということもあって、空いているバスでのんびり中之条駅に出ました。

 

稲包山へ 下山編

さて、稲包山から下山にかかります。

2021103019

遠くに奥四万湖が見えましたが、あそこへ行くのです。

2021103020

それなりに紅葉している道を進みます。意外にアップダウンがある道です。

2021103021

途中、大きく下った鞍部から登り返しますが、なかなかきつい。ブナと思われる木が点々とありました。

2021103022

ピークを過ぎて先へ進みます。落ち葉が溜まった道はそれほど通る人も多くない雰囲気。

2021103023

ちょっと赤くなっている木がありました。

2021103024

下っていくと赤沢峠の休憩舎。だいぶ古びた感じです。

2021103025

振り返ったところ。左奥は来た道、右は赤沢への道。そちらも辿ってみたいけれど、四万温泉に向かいます。

2021103026

四万温泉側がヒルが多い所。念のため、塩水スプレーを足元にかけて歩きます。紅葉を見ながら下ります。

2021103027

この木は半分はなくなってしまっているのに、しっかり紅葉。すごい生命力だなと思います。

2021103028

小さい秋み~つけた!

2021103029

しばらく下ったところで樹林の合間から稲包山が見えましたが、もうあんな遠い所に。

2021103030

下っていると林道経由四万温泉、四万温泉の分岐。どちらを取るのが正解かしばし悩みましたが、林道経由ではない直進の道を選びました。

2021103031

やはり天気が良いと気分も良いです。

2021103032

あまり歩かれていなくて下りにくい所もありましたが、なんとか道路に降り立ちました。

2021103033

奥四万湖の道路を歩きます。奥側は登りがありそうなので、手前側の道を選択。途中に展望デッキがあり、モミジが紅葉していました。

2021103034

だいぶ道路を歩いて四万川ダムの堰堤。稲包山の眺めを最後に楽しみ、四万温泉に向かいました。

2021103035

ダム近くからバスに乗れたけど、そのままのんびり歩いて、四万温泉のバス停に出ました。

結局、ヒルを見かけることはなく、さすがにこの時期はいなかったみたいでした。

 

稲包山へ

10/30は群馬の稲包山へ。

2021103001

ヒルの多い山と知られる稲包山。今回はヒル対策ばっちり持ってきました。久しぶりに新幹線で上毛高原駅で下車。すごい人がいて、みなさん谷川岳目当てのようで、猿ヶ京行きのバスに乗ったのは自分と一組だけ。
結局、法師温泉行きに乗ったのは自分だけでした。赤沢スキー場入口で下車します。

2021103002

まずは林道を進みます。色が淡いですが、紅葉しています。

2021103003

やっぱり青空と紅葉はマッチするなぁ。

2021103004

しばらくムタコ沢林道を歩いていたら、大型動物に遭遇。
向こうから逃げてくれたけど、黒いかなりの大きさの動物で、クマっぽい雰囲気でした。
秋小屋沢橋を渡れば、登山口。

2021103006

ジメジメした道で確かにヒルが出そうな感じ。特段、異常はなく、林道みたいな道を進みます。分岐多数。

2021103005

宿堂坊山へと書かれていた看板があったけど、どこの山?

2021103007

結構きつい登り道だけど頑張って登ると鉄塔近くまで来れば、素晴らしい眺め。

2021103008

鉄塔付近はカラマツがきれい。

2021103009

その向こうは谷川岳とかかな?

2021103010

紅葉の山は楽しいな。

2021103011

鉄塔巡視路と分かれてさらにきつい登り。

2021103012

きれいな黄色。

2021103013

二つ目の鉄塔のあたりはものすごい広い眺め。快晴の山は最高です!

2021103014

やっと稲包山が見えたけど、直登はできないので、まだ遠いです。

2021103015

しばらくはトラバース道を進みます。

2021103016

やっと赤沢峠の休憩舎からの道に出ました。

2021103017

やっぱり山頂手前の登りはきつかった。でも、念願の山頂に到着!
休んでいる人が何人もいて、さらに登って来る人もそれなりにいました。

2021103018

谷川連峰などの眺めが360度楽しめました。

続く。

 

富士見台と景信山

10/24は高尾へ。

2021102401

小仏行きのバスを大下バス停で下車。

2021102402

小下沢林道から富士見台への怪しい道を辿ります。途中には久しぶりにトリカブト。

2021102403

少し踏み跡を誤ったりしたけど、沢沿いを進むとやがて右岸にトラロープの付いた急登。

2021102404

かなり登ってからようやく沢を離れて登ります。

2021102405

尾根の登りはなかなか険しい感じ。結構きつい道でした。

2021102406

ようやく富士見台手前に登りつきます。小下沢を示す手製の道標が。

2021102407

少し登れば富士見台に到着。

2021102408

ここから富士山を見たのは滅多になかったような気が。

2021102409

久しぶりに先へ進んでいくとコウヤボウキが。もう秋ですね。

2021102410

千手観音みたいな木が。

2021102411

だいぶ先へ歩いて狐塚峠から下ります。

2021102412

結構急な道が続いたけど、下っていけば、小下沢林道に降りたちました。

2021102413

ついこないだ歩いた気もするけど、景信山に向かいます。途中の大木もしっかり。

2021102414

だいぶ登ってようやく小仏から景信山への道に合流。

2021102415

景信山に着いた時にはもう13時30分を過ぎていたけど、結構な人がいました。

2021102416

まだなんとか景信山からも富士山が見えていました。

2021102417

もうすっかり草に覆われつつある小仏峠のタヌキの置物。

2021102418

小仏バス停に着くと、バスがすでに来ていたのでしっかり座席を確保して終了でした。

 

 

加治丘陵へ

10/23は埼玉へ。

2021102301

本加治駅が歩き出し。

2021102302

入間川沿いをしばらく散歩気分で歩きます。

2021102303

やがてトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園に入ります。

2021102304

一風変わった建物がたくさんあって、なかなか楽しい所。

2021102305

大人でも面白いから、子供達も楽しめるでしょうね。

2021102306

池や人口の滝などもあって、一周して楽しみました。

2021102307

一番高い所あたりには以前は通行止だったコースがどうやら歩けるようになっているみたいです。
ここから登ることにしました。

2021102308

柵に沿って歩いたら、どうも登山道を外れた模様。適当に歩くと仏子駅からの道に出ました。
しばらく登れば広い山仕事の広場。

2021102309

さらにわずかで桜山展望台。

2021102310

登ってみると風が少し吹いていましたが、しっかりと白い富士山を見ることができました。

2021102311

南に向かうと愛宕神社があるのでお参り。

2021102312

しばらく下って左に折れると木がたくさん切られた広場がありました。

2021102313

農村環境改善センター近くから南コースに向かいます。

2021102314

どちらかというと近くの人が散歩している感じ。自転車で登ってきたおじさんもいて吃驚。

2021102315

道路に出て右に行くと住宅地との境でした。

2021102316

住宅地と丘陵の境に散歩道が作られていましたので、のんびり歩きました。道路に出て終了です。

2021102317

しばらく道路を歩いて右上に登ると八坂神社がありましたのでお参り。

2021102318

道路をしばらく歩いて仏子駅に出て帰りました。

 

岩殿山へ

花咲山から駅に出て帰っても良かったのですが、まだお昼過ぎ。頑張ってしまいますか。

2021101626

しばらく歩いて登山口に向かいます。千本マツはどこにあるのかな。

2021101627

登る途中、左手には花咲山が大きいです。

2021101628

ひたすらきつい道を登って稚児落とし。すっかりどんよりの雲になっていました。

2021101629

先へ進んでいきます。大きな石祠も健在です。

2021101630

登り返しがきつかった。もう開くことはなさそうな楽しかった鎖場コース。

2021101631

ひたすら頑張り、岩殿山が近づくと馬屋のあたりも山抜けしていました。
この山も崩壊が進んでいるのですね。いつかは歩けなくなるのかな。

2021101632

山頂はさらにどんよりと低い雲でした。

2021101633

降りるのはここだけ、畑倉登山口。もう結構いい時間でしたが、登って来る人にそれなりに会いました。

2021101634

猿橋駅に出て終了。もう随分涼しく、秋らしくなった一日でした。

 

花咲山

お伊勢山の続きは花咲山へ。

2021101611

上真木のバス停からしばらく道路を歩き、再び辻バス停の所から入って右へしばらく歩きます。
学校の近くが花咲山の登山口でした。入口はかなりヤブでした。

2021101612

右手には山が見えますが、高川山などでしょうか。途中では小さなイノシシを見かけました。

2021101613

鎖の付いた所などもありました。やがて稜線を登っていきます。

2021101614

それにしても意外な晴れ。

2021101615

左手は湯の沢峠方面の山でしょうか。

2021101616

岩の上をしばらく進みます。道標が裏返しになっていて、回り込んだらここが女幕岩と表示されていました。

2021101617

小ピークのあたりに道標があり、胎内仏道と迂回路に分かれました。難路と書かれていたので気になるので行ってみることに。大きな岩の間を通る所まではそれほど難路ではなかったですが、その先の下りが難路で、ロープも付いていましたが、なかなか厳しい下りでした。

2021101618

やがて登っていくと石祠のある山頂。女性二人が休んでいて吃驚でした。さすがに曇ってきた様子。

2021101619

山頂から先へ下ると登ってきている人達に何組も会ってこれまた吃驚。前よりも登る人が増えたのかな。

やはり道も歩きやすくなっていて、以前はヤブっぽかった道も普通の登山道っぽくなっていました。

花咲峠はやはり左右の踏み跡はあまり使われていないようです。

2021101620

ちょっとロープ締めすぎです。食い込んでるよ~。

2021101621

振り返るともう花咲山は随分高かったです。

2021101622

古い又平の表示が。

2021101623

三角点も健在です。

2021101624

大月駅の表示を見て緩やかな尾根を下っていきました。でも、やはり少し草が多い尾根。
ひたすら下っていくと笹の中を下るようになり、やがて石祠のある場所に出ました。

2021101625

笹の中の道は歩きにくい感じ、最後ですっころんでしまいましたが、なんとか高速の側道に降り立って、花咲山終了でした。

続く。

 

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ