« 稲包山へ | トップページ | 四万清流の湯 »

稲包山へ 下山編

さて、稲包山から下山にかかります。

2021103019

遠くに奥四万湖が見えましたが、あそこへ行くのです。

2021103020

それなりに紅葉している道を進みます。意外にアップダウンがある道です。

2021103021

途中、大きく下った鞍部から登り返しますが、なかなかきつい。ブナと思われる木が点々とありました。

2021103022

ピークを過ぎて先へ進みます。落ち葉が溜まった道はそれほど通る人も多くない雰囲気。

2021103023

ちょっと赤くなっている木がありました。

2021103024

下っていくと赤沢峠の休憩舎。だいぶ古びた感じです。

2021103025

振り返ったところ。左奥は来た道、右は赤沢への道。そちらも辿ってみたいけれど、四万温泉に向かいます。

2021103026

四万温泉側がヒルが多い所。念のため、塩水スプレーを足元にかけて歩きます。紅葉を見ながら下ります。

2021103027

この木は半分はなくなってしまっているのに、しっかり紅葉。すごい生命力だなと思います。

2021103028

小さい秋み~つけた!

2021103029

しばらく下ったところで樹林の合間から稲包山が見えましたが、もうあんな遠い所に。

2021103030

下っていると林道経由四万温泉、四万温泉の分岐。どちらを取るのが正解かしばし悩みましたが、林道経由ではない直進の道を選びました。

2021103031

やはり天気が良いと気分も良いです。

2021103032

あまり歩かれていなくて下りにくい所もありましたが、なんとか道路に降り立ちました。

2021103033

奥四万湖の道路を歩きます。奥側は登りがありそうなので、手前側の道を選択。途中に展望デッキがあり、モミジが紅葉していました。

2021103034

だいぶ道路を歩いて四万川ダムの堰堤。稲包山の眺めを最後に楽しみ、四万温泉に向かいました。

2021103035

ダム近くからバスに乗れたけど、そのままのんびり歩いて、四万温泉のバス停に出ました。

結局、ヒルを見かけることはなく、さすがにこの時期はいなかったみたいでした。

 

« 稲包山へ | トップページ | 四万清流の湯 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稲包山へ | トップページ | 四万清流の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ