« お伊勢山 | トップページ | 岩殿山へ »

花咲山

お伊勢山の続きは花咲山へ。

2021101611

上真木のバス停からしばらく道路を歩き、再び辻バス停の所から入って右へしばらく歩きます。
学校の近くが花咲山の登山口でした。入口はかなりヤブでした。

2021101612

右手には山が見えますが、高川山などでしょうか。途中では小さなイノシシを見かけました。

2021101613

鎖の付いた所などもありました。やがて稜線を登っていきます。

2021101614

それにしても意外な晴れ。

2021101615

左手は湯の沢峠方面の山でしょうか。

2021101616

岩の上をしばらく進みます。道標が裏返しになっていて、回り込んだらここが女幕岩と表示されていました。

2021101617

小ピークのあたりに道標があり、胎内仏道と迂回路に分かれました。難路と書かれていたので気になるので行ってみることに。大きな岩の間を通る所まではそれほど難路ではなかったですが、その先の下りが難路で、ロープも付いていましたが、なかなか厳しい下りでした。

2021101618

やがて登っていくと石祠のある山頂。女性二人が休んでいて吃驚でした。さすがに曇ってきた様子。

2021101619

山頂から先へ下ると登ってきている人達に何組も会ってこれまた吃驚。前よりも登る人が増えたのかな。

やはり道も歩きやすくなっていて、以前はヤブっぽかった道も普通の登山道っぽくなっていました。

花咲峠はやはり左右の踏み跡はあまり使われていないようです。

2021101620

ちょっとロープ締めすぎです。食い込んでるよ~。

2021101621

振り返るともう花咲山は随分高かったです。

2021101622

古い又平の表示が。

2021101623

三角点も健在です。

2021101624

大月駅の表示を見て緩やかな尾根を下っていきました。でも、やはり少し草が多い尾根。
ひたすら下っていくと笹の中を下るようになり、やがて石祠のある場所に出ました。

2021101625

笹の中の道は歩きにくい感じ、最後ですっころんでしまいましたが、なんとか高速の側道に降り立って、花咲山終了でした。

続く。

 

« お伊勢山 | トップページ | 岩殿山へ »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは。
10月上旬に花咲山に登りました。(レポはなしです)
リブルさんが入られたヤブっぽいところから山頂へのピストンでした。
往きは迂回路で 帰りに難路を通りましたが、あそこを往きに通らなくてよかったです。
その日は浅利から稚児落としにも行ったんですよ。(^^)

はなねこさん、こんにちは。

花咲山、行かれていましたか。
往復通られたのに、あのヤブっぽい入口はなかなか手ごわいですね。
難路は下りはホントに慎重になりましたよ。

稚児落としは眺めが良いですね。崖そばには近寄りたくないですけど。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お伊勢山 | トップページ | 岩殿山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ