« 富士見台と景信山 | トップページ | 稲包山へ 下山編 »

稲包山へ

10/30は群馬の稲包山へ。

2021103001

ヒルの多い山と知られる稲包山。今回はヒル対策ばっちり持ってきました。久しぶりに新幹線で上毛高原駅で下車。すごい人がいて、みなさん谷川岳目当てのようで、猿ヶ京行きのバスに乗ったのは自分と一組だけ。
結局、法師温泉行きに乗ったのは自分だけでした。赤沢スキー場入口で下車します。

2021103002

まずは林道を進みます。色が淡いですが、紅葉しています。

2021103003

やっぱり青空と紅葉はマッチするなぁ。

2021103004

しばらくムタコ沢林道を歩いていたら、大型動物に遭遇。
向こうから逃げてくれたけど、黒いかなりの大きさの動物で、クマっぽい雰囲気でした。
秋小屋沢橋を渡れば、登山口。

2021103006

ジメジメした道で確かにヒルが出そうな感じ。特段、異常はなく、林道みたいな道を進みます。分岐多数。

2021103005

宿堂坊山へと書かれていた看板があったけど、どこの山?

2021103007

結構きつい登り道だけど頑張って登ると鉄塔近くまで来れば、素晴らしい眺め。

2021103008

鉄塔付近はカラマツがきれい。

2021103009

その向こうは谷川岳とかかな?

2021103010

紅葉の山は楽しいな。

2021103011

鉄塔巡視路と分かれてさらにきつい登り。

2021103012

きれいな黄色。

2021103013

二つ目の鉄塔のあたりはものすごい広い眺め。快晴の山は最高です!

2021103014

やっと稲包山が見えたけど、直登はできないので、まだ遠いです。

2021103015

しばらくはトラバース道を進みます。

2021103016

やっと赤沢峠の休憩舎からの道に出ました。

2021103017

やっぱり山頂手前の登りはきつかった。でも、念願の山頂に到着!
休んでいる人が何人もいて、さらに登って来る人もそれなりにいました。

2021103018

谷川連峰などの眺めが360度楽しめました。

続く。

 

« 富士見台と景信山 | トップページ | 稲包山へ 下山編 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士見台と景信山 | トップページ | 稲包山へ 下山編 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ