« 花咲山 | トップページ | 加治丘陵へ »

岩殿山へ

花咲山から駅に出て帰っても良かったのですが、まだお昼過ぎ。頑張ってしまいますか。

2021101626

しばらく歩いて登山口に向かいます。千本マツはどこにあるのかな。

2021101627

登る途中、左手には花咲山が大きいです。

2021101628

ひたすらきつい道を登って稚児落とし。すっかりどんよりの雲になっていました。

2021101629

先へ進んでいきます。大きな石祠も健在です。

2021101630

登り返しがきつかった。もう開くことはなさそうな楽しかった鎖場コース。

2021101631

ひたすら頑張り、岩殿山が近づくと馬屋のあたりも山抜けしていました。
この山も崩壊が進んでいるのですね。いつかは歩けなくなるのかな。

2021101632

山頂はさらにどんよりと低い雲でした。

2021101633

降りるのはここだけ、畑倉登山口。もう結構いい時間でしたが、登って来る人にそれなりに会いました。

2021101634

猿橋駅に出て終了。もう随分涼しく、秋らしくなった一日でした。

 

« 花咲山 | トップページ | 加治丘陵へ »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

え~?岩殿山の鎖場、通れないんですか。
そういえば何年か前にそんな情報を見た気が・・・
私は高度感が苦手ですが、岩殿山、今なら平気なんだろうなぁ、
ともう一度行きたい気がしていたので残念です。
こういうケースを見るたびに、山は行きたいとき(行ける時)行かないと・・・
と思うのでした。

cyu2さん、こんにちは。

岩殿山は鎖場通れないだけでなく、唯一の登山口は畑倉登山口だけです。
大月駅から一番近い、あの石段の登山道も通れません。
なので、畑倉登山口から往復するか、稚児落とし方面に進むか、いずれかしかなくなっています。

おっしゃる通り、ホントに行っておけばよかったと思う山がたくさんあります。
もう二度と歩けない山道も過去にたくさん歩きましたけど、
それ以上に行けない山があの二年前の台風でやたらと増えましたね。
温暖化や噴火のせいで、これ以上、歩けない山が増えないことを祈ります。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花咲山 | トップページ | 加治丘陵へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ