« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

日暮山へ

12/18は西上州へ。

2021121801

以前は地元の駅からでは乗れなかった初鳥屋行きのバス。ちょっと前から時刻が変わったようで乗れるようになっていたので行ってみることに。下仁田に入るだけでも遠いけど、さらにそこからバスで30分も走った長野県との県境に近い場所。急にバスが停車して、そこが終点でした。

2021121802

バスを降りるとすごい寒さ。ちらちらと風花が舞っていました。キンキンとした空気の中、先に進みます。すぐに明るい所に出て、集落と山が見えます。真ん中奥にある三角形の山が日暮山。

2021121803

左手に集会所を見て、先の分岐を右に進みます。民家を見ながら登るとやがて山に入ってしばらく進むとようやく水道施設があり、そこに日暮山入口の表示。

2021121804

風があって少し寒いなと思っていたら、やがて林道にちらほらと小雪が積もっていて、さらに先に行くとしっかり雪道になっていました。寒い寒い。

2021121805

先へ進んでいくと日暮山が見えてきますが、まだ林道歩きが続きます。途中はだいぶえぐれているところがありましたので、このあたりまで来るともうヤブが少しあって林道としては使われていない感じ。レンズのフードがきちっとはまっていなくて、ちょっと黒っぽいのは失敗写真です。(^^;

2021121806

やっとたどり着いた林道終点。そこからは登山道です。

2021121807

今回も壁みたいな登り。雪装備持ってこなかったのが失敗。せめて軽アイゼンくらい入れておけばよかったと後悔先にたたず。

2021121808

季節風がビュービュー吹いて寒い寒い!なんとか稜線の雪道を進むとやっと山頂。手前には石標、奥に石祠。

2021121810

わずかに先に行くと行き止まりの岩峰があります。

2021121811

めっちゃ眺め良いです。でも風が寒い!!!

2021121812

山頂での昼食を断念し、わずかに下ったあたりはわずかに風が弱かったので、雪の上に座って昼食。でも寒すぎてパンをパクついてすぐに下山開始。

2021121813

下る道も大変。木などを掴みながらカニ歩きをして斜めに下りました。このあたりまで降りれば、もうあとわずか。

2021121814

無事林道に降りたち、往路を戻ります。雪がなくなり、寒さも少し和らいでホッとします。

2021121815

だいぶ歩いて集落に出て、バス時間まで相当あるので、高立の一本岩を見に行きます。

2021121816

少し歩くと御場山への登山口がありましたが、その先あたりからもうちょこんと一本岩が見えていました。

2021121817

高立の集落から林道に入って歩いていると左下に川が流れていますが、温泉みたいな色。上流に鉱泉水でも出ているのかな。

2021121818

しばらく歩くと左上に石祠のある駐車場らしき所に着きました。先には一本岩が近いです。

2021121819

さすがにすげー。あんな岩によく山野井さんらは登ったなぁ。林道は先にも伸びているけど、ここまでで引き返すことにしました。

2021121820

高立の集落はやっぱり日の当たる左上の方が民家の数が多いですね。

2021121821

いかにも囲まれた山村の雰囲気が西上州らしく、良い感じでした。

2021121822

バス停に戻りますが、風が寒く、気温も低く、バス停で待っていたら体が冷え冷え。少し予定時刻よりもバスが早く来てくれて助かりました。下仁田駅まで自分一人でした。

 

川場田園温泉 楽楽の湯

雨乞山の帰りは温泉へ。

2021121119

入浴料金は800円だったかな。入る時に体温計測があったのですが、低すぎて測れず。寒い所ずっと歩いたからですね。(^^;

温泉は成分表とかは見なかったけど、アルカリ単純温泉のようです。

少し循環臭が気になったけど、13時頃という早い時間だったので、あまり人がいなかったのが良かったです。
外の景色を見ながらのんびりといきたかったけど、帰りのバス時間が気になってカラスの行水しかできなかったのが残念。でもしっかり温まりましたよ。

アルカリ度はしっかりあるのか、帰りは肌のしっとり感がそれなりにありました。
また何かの機会があったら入浴したいですね。

 

雨乞山へ

12/11は群馬へ。

2021121101

久しぶりの沼田駅からバスに乗り、高平上バス停で下車。

2021121102

林道歩きが長いです。しばらく登っていくと途中に石割桜。5月上旬くらいが見ごろだそうな。道路から見るとあまり分からないけど、下に石があり、それを割った形で生えているらしいです。

2021121103

登っていくと風が冷たくなり、やっと登山口に着きました。すると斜面が皆伐されているようです。雨乞山散策道と書かれていました。

2021121104

眺めがよい道をしばらく辿ります。先に見えている浅間山が真っ白。

2021121105

散策道らしく、広い道をゆったり登ります。下から道らしきものが見えていたのはこれかという感じ。やがて先に雨乞山が見えてきました。

2021121106

帰りに通る分岐を過ぎて平な道を進むとトイレがあり、それを過ぎると雨乞山への登り。

2021121107

山頂に登り着きました。ベンチがあって、左側は眺めが広がっていました。

2021121108

石祠も置かれています。

2021121109

ホントに広大な眺めでのんびり眺めを楽しめます。展望図によると左は赤城山から、奥秩父、南アルプス、吾妻の山、浅間山付近の山、湯ノ丸付近、白根山、白砂山、苗場山、万太郎山、谷川岳と広大です。

2021121110

谷川岳方面は少し雲がかかっていたけど、しっかりと雪を抱く山が見えました。

2021121111

石祠の横には二等三角点が置かれていました。

2021121112

下山は少し戻ったところから川場方面に下ります。

2021121113

さすがにこちらへ歩く人は少なく、落ち葉も溜まっていて少し踏み跡チックな所もありましたが、整備はされていて、浅松山方面への分岐の所にはしっかりロープが付けられていたりして、迷うような事はなかったです。細い支尾根を下っていくと谷に降りて道を進んでいきます。

2021121114

広い駐車場らしき場所に降りました。

2021121115

林道を歩いていくと獣害避けのフェンス。開けにくかったので下をまくったら簡単に通れてしまい、これで獣よけになるのかな?(^^;

2021121116

このあたりはリンゴ農家が多いようで、リンゴ園の表示も多かったです。もちろんこの時期はすでに収穫が終わってます。先にテーブルランドの大峰山を見ながら下っていきました。

2021121117

途中、道路の横にたくさんの石仏や庚申塔。

2021121118

大きなわらじを見て、以前に見た事あるなと思ったら、以前に降りたことのある岩田橋のバス停に出ました。

 

 

笹尾根の南面を歩く

12/5は上野原から入り、笹尾根の南面あたりを歩きました。

2021120501

藤尾バス停が歩き出し。

2021120502

しばらく登ると明るい場所。山上集落が点在しています。バス停付近よりも日当たりがよいせいか若干暖かい感じ。

2021120503

まずは小中群に登りました。権現山方面の山が見えました。

2021120504

戻って道を進み、歩いていくとふんどし山の入口。右奥には最奥の民家があり、畑仕事をされていた方がそこから登るんだよと教えていただきました。

2021120505

あまり使われていない道は西原古道のようです。薄暗い道を辿って風の吹き抜ける笠松峠。

2021120506

少し登って進むとふんどし山と書かれた寺窪山に着きました。樹林であまり眺めはない感じでした。

2021120507

先へ進むと丸山への道の分岐に大日の表示。左右の文字が見え、その下にも文字があるようなので、道標だったのかもしれませんね。

2021120508

帳塚原はカヤトの広がる明るい場所。

2021120509

馬頭観音を見て先を左に下ります。

2021120510

小棡集落の中を進みます。何かのコースになっている模様。

2021120511

民家の前を通ってよいのか分からず、人もいたので、下ってしまい、ヤブをよじ登って踏み跡に出ましたが、民家の前を通るのが正解だったようです。先へ進んでいくと明るい所に出ました。以前は畑だったようですが、カヤトの広がる場所。暖かいのでここで昼食にしてしまいました。

2021120512

だいぶ進んで十文字峠。さらに先へ登ります。

2021120513

ちょっと急な登りもありましたが、長くはなく、緩やかに進んで日武連と思われるあたりには薄れかけた木のプレートがありました。

2021120514

怪しい踏み跡を辿って下り、いくつも神社らしき社を見て下ります。途中、踏み跡がなくなった所もありましたが、なんとか下りました。ようやく日寄神社に降り立つことができました。

2021120515

のんびり下ると日寄橋のバス停。まだ12時前でした。でも、帰りのバスは4時間後。

2021120516

車道歩きたくね~、ってことで丸山越えすることに。再び小棡集落を登って二度目の帳塚原。

2021120517

さきほど通った道をしばらく辿り、丸山への分岐から丸山に向かいました。知らないうちに十二天社は通り過ぎていた模様。残念。随分登ったなと思う頃、下に集落がちらりと見えました。

2021120518

でも、まだまだ丸山へは登らなくてはなりません。落ち葉が溜まって足元が滑り、予想外にきついです。

2021120519

丸山直下の登りもそれなりにきつく、頑張ると丸山近くの笹尾根稜線に着きました。そこから左へわずかで久しぶりの丸山の山頂。すぐに人が登ってきました。

2021120520

今回はまだ歩いたことのなかった笛吹への道を下ります。薄暗い北側斜面はめちゃくちゃ寒いです。

2021120521

広い伐採地に出ました。出たところは眺めが良かったけど、その後はしばらく樹林の中をひたすら歩く道。久しぶりに霜柱をザクザク踏みながら下りました。

2021120522

ここまで下れば、もう集落はすぐそこ。笛吹の集落の中に出ました。

2021120523

下っていたら、そういえば、ここから小棡峠に登ったことがあったなと思い出す道標がありました。

2021120524

笛吹入口のバス停に出て、もう歩く気がなくなったので、待合所に座り込んで30分ほどバスを待ちました。自分は行かなかったけど、数分歩いたあたりに自家製酵母パンのたなごころというお店があるようで、降りて来た人達はそちらに向かう人が多かったようでした。

 

奥多摩湖 いこいの路

11/28は奥多摩へ。

2021122301

奥多摩湖いこいの路は12月から4月上旬まで通行止め。前日も山歩いたけど、この日は土日で歩ける最終日でしたので、出かけることにしました。小河内神社バス停で下車。奥多摩湖バス停から歩くのが普通だけど、帰途を考えて逆コースにしました。

2021122302

麦山の浮橋を渡ります。

2021122303

まずは山のふるさと村へ。ちょっと前に歩いたけど、やはり夏場と違って歩きやすく、苔も影を潜めて良い道でした。

2021122304

残り紅葉が楽しめました。モミジがきれい。

2021122305

山のふるさと村に立ち寄ったのち、先日の月夜見山への道を分けて、いこいの路に入ります。

2021122306

道は問題なく歩けました。しかし、山の横を延々と歩く道です。

2021122307

ちょいと単調な道が続きます。それでも時折、奥多摩湖と対岸の眺めを楽しみながら進みます。

2021122308

随分歩いたなと思う所にベンチ。でも山沿いは日影、やはり寒くてあまり休もうと思いません。

2021122309

細いところにはしっかり手すりが設置されていて安心です。

2021122310

場所によってはかなり落ち葉の溜まっている所もありました。このあたりから人に会うようになりました。

2021122311

やっとのことで中間地点、いこいの広場。

2021122312

ここも日影で寒くて長居できません。他に良い場所がないのでさくっとパンの昼食を取ってさっさと先へ。

2021122313

まだまだひたすら歩きます。

2021122314

大きな谷を回り込んでから進むと紅葉がきれいな所が。

2021122315

景色も変わってきて、随分歩いてきた感じです。

2021122316

ようやく清八新道への分岐。先にもいくつか分岐がありました。

2021122317

橋を渡って先に進むとようやく山道が終わり、林道になりました。このあたりまで来ると紅葉狩りの観光客がちらほら。

2021122318

大寺山などがよく見えました。

2021122319

やはり紅葉を楽しみながら進みます。

2021122320

長い道のりを経て、ようやく奥多摩ダムに到着!これでいこいの路終了です。

2021122321

ダムにはたくさんの観光客がいました。

2021122322

奥多摩湖バス停へ。冬桜が数本あり、咲いていました。バスで奥多摩駅に出て、帰りました。

 

大峰へ

11/27は大峰へ。

2021112701

久しぶりの上和田入り。ここまで乗ったのは自分一人。静かな歩きになりそうです。

2021112702

大沢に出て、しばらく辿り、右俣を進んで作業小屋を見かけ、さらに先から大沢右俣左岸尾根に取り付きましたが踏み跡は怪しく、這い上がるのに苦労しました。

2021112703

尾根に出ると広い感じで登っていきますが、急な感じで落ち葉も多く、結構きついです。

2021112704

途中には残り紅葉も若干見られました。

2021112705

暗い樹林の中で作業道らしき踏み跡を右に見送り、左に曲がって登りますが、まさに壁に思える超急登。転げ落ちそうな厳しい登りがしばらく続きました。

2021112706

北尾根との合流点らしきあたりで左に曲がり、先に大峰がようやく見えてきました。ちょっと曇ってしまった様子。

2021112707

目の前に大峰が見えますが、これがまた超急登でした。

2021112708

やっとのことで登り着いた所には以前、泣坂ノ頭から来た時に見た石標の所に登り着きました。

2021112709

壊れかけた木祠も斜めったままですが、健在でした。

2021112710

静かな大峰の山頂。さすがにかなり寒い感じでした。

2021112711

まだ早い時間でしたが、水無山経由で下山にかかります。

2021112719

下っていたら、突然、風がビュービュー吹き出し、ものすごい寒さ。ウィンドブレーカーを着ていましたが、あまりの風と冷え込みに耐え切れず、持っていたフリースを着込みました。風花が舞いだして吃驚。

2021112712

伐採地のピークからは富士山が見えますが、雲がかかっていました。
以前はその先がヤブっぽい歩きにくい道でしたが、そのあたりも伐採の手が入ったのか、歩きやすくなっていました。

2021112713

水無山に向かうと、あれ、以前にはなかった山名プレートを付けた人がいるみたいです。でも、付けるならもう少し先だと思うけど。

2021112714

上和田に向かいますが、以前も下っているので、前回ほどではないけれど、やはり少し分かりにくい所はありました。

2021112715

今回は右に行かないように左を意識したら行き過ぎてしまい、少し戻って登山道を示すところに出ることができました。

2021112716

上和田バス停に向かう道から振り返ると大峰と歩いた尾根がしっかり見えました。

2021112717

ちょっと早すぎてバスは二時間待ち。そんなに待てないよということで途中で乗ることにして紅葉を見ながら歩きました。

2021112718

結局、延々二時間、猿橋駅まで歩いてしまいましたが、足裏にマメを作ってしまい痛かったです。
バスが来るより先に着きましたが、電車は30分以上の待ちとなってしまい、結局、バスで帰るよりも早く帰ることはできなかったようでした。バス代浮いたからいいかな。(^^;

マイナー尾根から秋山二十六夜山

11/23は道志へ。

2021112301

無生野行きのバスを久しぶりに板崎バス停で下車。

2021112302

しばらく道路を歩いて登ります。前道志の山の紅葉が良い感じ。

2021112303

以前、東尾根を歩いた時にはなかった民話の看板ができていました。

2021112304

明るい所は紅葉がきれい。

2021112305

随分林道を歩きました。途中左手には道志の主稜線が見えます。リニアの工事が進んでいるのか、機械などの音が響いていました。

2021112306

ヒモシド沢から取り付きます。左手に大きな堰堤があり、登ったところから正しい取り付きに向かうのは難しそうなので、テープを見かけた所から小尾根を登ったのですが、これは踏み跡などないヤブ尾根でした。

2021112308

やっとのことでヤブ漕いで820m点と思われる所に辿りつきました。

2021112309

秋山二十六夜山に向かいますが、比較的、歩きやすい尾根。

2021112310

結構、雰囲気良い尾根でした。

2021112311

植林の登りは少し急だったけど、やがて再び自然林になり、良い尾根を登りました。東尾根と合流すれば山頂はすぐそこ。

2021112312

誰もいない静かな山頂に辿りついて、かなり早い時間だったけど昼食。

2021112313

下山にかかります。二十六夜塔は相変わらず日影にあります。

2021112314

サルイ沢への尾根を下りましたが、やはり失敗、あまりにも急斜面になってしまい、植林に逃げました。なんとか下れそうな所を探ると末端近くまで下り、鉄塔手前の林道に出ることができてホッとしました。

2021112315

のんびり下ってキャンプ場を過ぎ、浜沢に出ました。

2021112316

時間も早いし、バスは2時間以上ないので、いつものように峠越え。浜沢の大ケヤキを久しぶりに見ます。

2021112317

以前は比較的きれいな紅葉が見えた立野峠道ですが、今年はあまり色付きが良くなかったです。

2021112318

立野峠に出るとこの日初めての登山者に会いました。

2021112319

峠道を下っていきます。以前よりも歩く人が増えたようで、整備もされて比較的歩きやすくなっていました。

2021112320

梁川駅近くからは矢平山あたりでしょうか。そこだけ日が当たって目を惹きました。

2021112321

梁川駅に出て、終了でした。

 

獅子舞の谷から大平山

11/20は鎌倉へ。

2021112001

疲れた時には軽い山、ということで久しぶりに鎌倉へ。人で混雑する鎌倉駅が歩き出し。

2021112002

まずは鶴岡八幡宮。こちらも人が多かったです。

2021112003

しばらく歩いて鎌倉宮。

2021112004

手洗い水の所にたくさんの鬼の置物が吊るされたり、置かれていて、面白い雰囲気でした。

2021112005

しっかりお参り。

2021112006

少し先へ行けば永福寺跡。広い場所です。

2021112007

簡単な地図しか持ってなかったので、迷ってしまい、住宅地に入り込んでしまいました。15分ロス。永福寺跡まで戻ったら、手製の道標がしっかり獅子舞を示しているではありませんか。

2021112008

ということでそちらの道に入ってしばらく進むと獅子舞の谷。小さな谷の中を登っていきます。紅葉時期だけに降りて来る人が多かったです。

2021112009

途中には獅子岩と書かれた看板と小さな岩が。

2021112010

登り着いたところから右の瑞泉寺への道は今も通行止めらしいです。左へしばらく登れば天園。こちらも人だらけ。横浜市内最高地点だそうです。

2021112011

ゴルフ場の先を左へ進むと広場があり、そこからも海を眺められました。残念ながらぼんやり状態。

2021112012

大平山に登り着きますが、眺めはヤブに邪魔されています。

2021112013

下って歩いていくといかにも鎌倉らしい道。岩の横を通ったり降りたりしながら進みます。途中には建長寺を示す古い道標が。

2021112014

建長寺上のピークから、右に降りることもできますが、せっかくなので建長寺へ向かいます。上から眺められました。

2021112015

500円の拝観料を払って中に入りました。富士山が見える展望台もありましたが、この日はぼんやりしていて富士山かどうか分かりませんでした。降りていくと横にはたくさんの天狗像が。

2021112016

赤くはないけれど朱色の紅葉が見られました。

2021112017

古い建物が良い雰囲気でした。

2021112018

歩いていたら、巨木が。建長寺の柏槙(ビャクシン)という木で、案内板によると推定樹齢760年という古木でした。

2021112019

パワーをもらった感じで、山門を通りました。

2021112020

建長寺を出て、そのまま北鎌倉駅に向かっても良かったのですが、歩き足りなかったので亀ヶ谷坂を通って鎌倉駅へ向かいました。

2021112021

お土産を物色したのですが、買いたいというものが見つからず、そのまま鎌倉駅に出て終了でした。

 

泉岳寺付近寺社巡り

11/14は泉岳寺付近を散歩。

2021111401

以前なら泉岳寺駅を歩き出しですが、今回は初めて山手線の高輪ゲートウェイ駅で下車。
泉岳寺駅まで10分もかからない距離です。

2021111402

ということで泉岳寺へ。赤穂浪士のお墓がありますが、近くまで行ったものの、今回は遠慮しました。

2021111403

しばらく歩いて覚林寺。前に来たことがあるような気が。

2021111404

さらに歩いて立行寺。一心太助のお墓があるらしいですが、どれがそれか分かりませんでした。

2021111405

さらに歩いて長松寺。国指定の史跡らしいです。

2021111406

門の手前には半跏思惟観音の石仏などが置かれていました。

2021111407

魚籃坂を登る途中には石村近江の史跡の石碑が。昭和七年の東京市の石碑。

2021111408

薬王寺に立ち寄りますが、江戸三大火災を止めたと言われる井戸はどこにあるのか分かりませんでした。

2021111409

高輪駅に戻る途中、高輪大木戸跡。徳川幕府が大木戸を設けたという場所のようです。
伊能忠敬がこの大木戸を基点にしたそうな。

2021111410

高輪ゲートウェイ駅に戻りますが、駅前は工事中。大きなビルができるのでしょうね。

 

1541m点から本社ヶ丸

11/13は本社ヶ丸へ。

2021111301

長い尾根なので一番電車で出発し、笹子駅を歩き出し。

2021111302

1541m点北尾根に取り付きます。なんとか木橋はまだありました。取り付きからはかなりの急登が続きます。

2021111303

しばらく頑張ると最初の鉄塔。

2021111304

随分登ったなと思っても、まだまだ稜線が屏風のように高い感じ。

2021111305

少し緩やかになってもさらに登らされます。日陰が多かったけど、ようやく少し日差しが。

2021111306

やっと林道に出ます。少し先から再び取り付きます。

2021111307

青空が気持ち良いです。再び鉄塔に出て、そこからの滝子山方面の眺めが良い感じ。

2021111308

壁のような超急登が。厳しいです。

2021111309

少し落ち着いて三つ目の鉄塔を過ぎます。

2021111310

自然林の尾根をひたすら登らされます。やっぱり長いな。

2021111311

見た目、たいした登りに見えないけど、落ち葉もあって足元が滑りやすく、登るのにしんどいです。

2021111312

踏み跡もない急登が続いて、転げ落ちそうなところもありました。ようやく緩やかになって、あと少し!

2021111313

明るい樹林のあたりが1541m点付近。ようやく踏み跡があって、これが登山道ですね。

2021111314

しばらく登山道を辿って進み、久しぶりの本社ヶ丸。富士山がきれいでした。

2021111315

南アルプスばっちり。八ヶ岳はもちろん、北アルプスの山も見ることができました。

2021111316

さて、まだ早い時間でしたが、下山にかかります。すっかり冬枯れの雰囲気が良い感じ。

2021111317

鉄塔手前のピークは伐採されていて、眺めがよくなっていました。

2021111318

しばらく進んでいつものように角研山から下ります。

2021111319

今年は進みが早いのか、下っていく尾根もすっかり冬枯れの雰囲気。

2021111320

今回はしっかり庭洞山の三角点を見忘れずに進みました。

2021111321

いつものように登山口に降り立って終了。

2021111322

駅近くの右手の紅葉が青空とマッチしてきれいでした。

2021111323

久しぶりの笹一新酒まつり。でも、やはりコロナ前と異なってしまっていて、本当に試飲の感じ。
次回からは買うだけにしようかなという感じでした。

 

水根から鷹ノ巣山へ

また一か月遅れになってしまったけど、11/6は鷹ノ巣山へ。

2021110601

満員のバスを水根で一人下車。水根沢林道に向かうけど、途中の道標がきれいになってました。

2021110602

いつものように細い道。

2021110603

モミジの紅葉がきれい。

2021110604

色づきは良いとは言えないけれど、それでも紅葉は良い雰囲気。

2021110605

だいぶ歩いたところから取り付きますか。

2021110606

三本ケヤキ沢右岸尾根を登っていくと淡い色合いですが、やはり紅葉が良い感じでした。

2021110607

結構、急登が続きますが、頑張ります。

2021110608

途中にはヌタ場らしきものもありました。

2021110609

このあたりまで登れば少し稜線が近くなったかな。

2021110610

上部も紅葉ですが、下よりは色が今一つ。

2021110611

なんとなく踏み跡があるような無いような。パッと見ると登山道とは思えない感じに所に出ました。

2021110612

しばらく進むと榧ノ木山の手前。立ち寄らず、そのまま進みます。

2021110613

水根山に向かうとこのあたりの紅葉は地味にきれい。

2021110614

しっとりした、こういう色合いの紅葉って結構好きです。

2021110615

きつい登りで縦走路に出て、水根山はパスして鷹ノ巣山に向かいます。稜線はすっかり冬枯れの雰囲気。

2021110616

山頂手前の登りはやっぱりきつい。やっと鷹ノ巣山の山頂に到着。

2021110617

残念ながら雲で富士山も見えず。

2021110618

避難小屋の方に向かうと右手には雲取、奥秩父の山々。

2021110619

鷹ノ巣避難小屋もあまり変わっていない雰囲気。

2021110620

峰谷に向かって下ります。オレンジ色が主体でした。

2021110621

色とりどりの場所もあって、これも良い雰囲気。

2021110622

神社は古びていて、壊れかけの建物もありました。

2021110623

峰谷に下り、近道の山道を下ります。左手の紅葉がきれいでした。

2021110624

峰谷のバス停に着くと、なんと5分前にいったばかり。でも随分なペースで下ったので5分は短縮できなかったなぁ。

仕方なく、峰谷橋まで歩いて、これまた随分待たされました。バス停から離れた待合所で待っていたら、なんとこのバス停で行列が。20人くらい並んだでしょうか。すでに混んだバスが来て当然座れず、奥多摩駅まで立って乗ることになってしまいました。

 

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ