« 泉岳寺付近寺社巡り | トップページ | マイナー尾根から秋山二十六夜山 »

獅子舞の谷から大平山

11/20は鎌倉へ。

2021112001

疲れた時には軽い山、ということで久しぶりに鎌倉へ。人で混雑する鎌倉駅が歩き出し。

2021112002

まずは鶴岡八幡宮。こちらも人が多かったです。

2021112003

しばらく歩いて鎌倉宮。

2021112004

手洗い水の所にたくさんの鬼の置物が吊るされたり、置かれていて、面白い雰囲気でした。

2021112005

しっかりお参り。

2021112006

少し先へ行けば永福寺跡。広い場所です。

2021112007

簡単な地図しか持ってなかったので、迷ってしまい、住宅地に入り込んでしまいました。15分ロス。永福寺跡まで戻ったら、手製の道標がしっかり獅子舞を示しているではありませんか。

2021112008

ということでそちらの道に入ってしばらく進むと獅子舞の谷。小さな谷の中を登っていきます。紅葉時期だけに降りて来る人が多かったです。

2021112009

途中には獅子岩と書かれた看板と小さな岩が。

2021112010

登り着いたところから右の瑞泉寺への道は今も通行止めらしいです。左へしばらく登れば天園。こちらも人だらけ。横浜市内最高地点だそうです。

2021112011

ゴルフ場の先を左へ進むと広場があり、そこからも海を眺められました。残念ながらぼんやり状態。

2021112012

大平山に登り着きますが、眺めはヤブに邪魔されています。

2021112013

下って歩いていくといかにも鎌倉らしい道。岩の横を通ったり降りたりしながら進みます。途中には建長寺を示す古い道標が。

2021112014

建長寺上のピークから、右に降りることもできますが、せっかくなので建長寺へ向かいます。上から眺められました。

2021112015

500円の拝観料を払って中に入りました。富士山が見える展望台もありましたが、この日はぼんやりしていて富士山かどうか分かりませんでした。降りていくと横にはたくさんの天狗像が。

2021112016

赤くはないけれど朱色の紅葉が見られました。

2021112017

古い建物が良い雰囲気でした。

2021112018

歩いていたら、巨木が。建長寺の柏槙(ビャクシン)という木で、案内板によると推定樹齢760年という古木でした。

2021112019

パワーをもらった感じで、山門を通りました。

2021112020

建長寺を出て、そのまま北鎌倉駅に向かっても良かったのですが、歩き足りなかったので亀ヶ谷坂を通って鎌倉駅へ向かいました。

2021112021

お土産を物色したのですが、買いたいというものが見つからず、そのまま鎌倉駅に出て終了でした。

 

« 泉岳寺付近寺社巡り | トップページ | マイナー尾根から秋山二十六夜山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 泉岳寺付近寺社巡り | トップページ | マイナー尾根から秋山二十六夜山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ