« 大峰へ | トップページ | 笹尾根の南面を歩く »

奥多摩湖 いこいの路

11/28は奥多摩へ。

2021122301

奥多摩湖いこいの路は12月から4月上旬まで通行止め。前日も山歩いたけど、この日は土日で歩ける最終日でしたので、出かけることにしました。小河内神社バス停で下車。奥多摩湖バス停から歩くのが普通だけど、帰途を考えて逆コースにしました。

2021122302

麦山の浮橋を渡ります。

2021122303

まずは山のふるさと村へ。ちょっと前に歩いたけど、やはり夏場と違って歩きやすく、苔も影を潜めて良い道でした。

2021122304

残り紅葉が楽しめました。モミジがきれい。

2021122305

山のふるさと村に立ち寄ったのち、先日の月夜見山への道を分けて、いこいの路に入ります。

2021122306

道は問題なく歩けました。しかし、山の横を延々と歩く道です。

2021122307

ちょいと単調な道が続きます。それでも時折、奥多摩湖と対岸の眺めを楽しみながら進みます。

2021122308

随分歩いたなと思う所にベンチ。でも山沿いは日影、やはり寒くてあまり休もうと思いません。

2021122309

細いところにはしっかり手すりが設置されていて安心です。

2021122310

場所によってはかなり落ち葉の溜まっている所もありました。このあたりから人に会うようになりました。

2021122311

やっとのことで中間地点、いこいの広場。

2021122312

ここも日影で寒くて長居できません。他に良い場所がないのでさくっとパンの昼食を取ってさっさと先へ。

2021122313

まだまだひたすら歩きます。

2021122314

大きな谷を回り込んでから進むと紅葉がきれいな所が。

2021122315

景色も変わってきて、随分歩いてきた感じです。

2021122316

ようやく清八新道への分岐。先にもいくつか分岐がありました。

2021122317

橋を渡って先に進むとようやく山道が終わり、林道になりました。このあたりまで来ると紅葉狩りの観光客がちらほら。

2021122318

大寺山などがよく見えました。

2021122319

やはり紅葉を楽しみながら進みます。

2021122320

長い道のりを経て、ようやく奥多摩ダムに到着!これでいこいの路終了です。

2021122321

ダムにはたくさんの観光客がいました。

2021122322

奥多摩湖バス停へ。冬桜が数本あり、咲いていました。バスで奥多摩駅に出て、帰りました。

 

« 大峰へ | トップページ | 笹尾根の南面を歩く »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大峰へ | トップページ | 笹尾根の南面を歩く »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ