« 笹尾根の南面を歩く | トップページ | 川場田園温泉 楽楽の湯 »

雨乞山へ

12/11は群馬へ。

2021121101

久しぶりの沼田駅からバスに乗り、高平上バス停で下車。

2021121102

林道歩きが長いです。しばらく登っていくと途中に石割桜。5月上旬くらいが見ごろだそうな。道路から見るとあまり分からないけど、下に石があり、それを割った形で生えているらしいです。

2021121103

登っていくと風が冷たくなり、やっと登山口に着きました。すると斜面が皆伐されているようです。雨乞山散策道と書かれていました。

2021121104

眺めがよい道をしばらく辿ります。先に見えている浅間山が真っ白。

2021121105

散策道らしく、広い道をゆったり登ります。下から道らしきものが見えていたのはこれかという感じ。やがて先に雨乞山が見えてきました。

2021121106

帰りに通る分岐を過ぎて平な道を進むとトイレがあり、それを過ぎると雨乞山への登り。

2021121107

山頂に登り着きました。ベンチがあって、左側は眺めが広がっていました。

2021121108

石祠も置かれています。

2021121109

ホントに広大な眺めでのんびり眺めを楽しめます。展望図によると左は赤城山から、奥秩父、南アルプス、吾妻の山、浅間山付近の山、湯ノ丸付近、白根山、白砂山、苗場山、万太郎山、谷川岳と広大です。

2021121110

谷川岳方面は少し雲がかかっていたけど、しっかりと雪を抱く山が見えました。

2021121111

石祠の横には二等三角点が置かれていました。

2021121112

下山は少し戻ったところから川場方面に下ります。

2021121113

さすがにこちらへ歩く人は少なく、落ち葉も溜まっていて少し踏み跡チックな所もありましたが、整備はされていて、浅松山方面への分岐の所にはしっかりロープが付けられていたりして、迷うような事はなかったです。細い支尾根を下っていくと谷に降りて道を進んでいきます。

2021121114

広い駐車場らしき場所に降りました。

2021121115

林道を歩いていくと獣害避けのフェンス。開けにくかったので下をまくったら簡単に通れてしまい、これで獣よけになるのかな?(^^;

2021121116

このあたりはリンゴ農家が多いようで、リンゴ園の表示も多かったです。もちろんこの時期はすでに収穫が終わってます。先にテーブルランドの大峰山を見ながら下っていきました。

2021121117

途中、道路の横にたくさんの石仏や庚申塔。

2021121118

大きなわらじを見て、以前に見た事あるなと思ったら、以前に降りたことのある岩田橋のバス停に出ました。

 

 

« 笹尾根の南面を歩く | トップページ | 川場田園温泉 楽楽の湯 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 笹尾根の南面を歩く | トップページ | 川場田園温泉 楽楽の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ