« 紅葉の尾根から浅間嶺 | トップページ | 1541m点から本社ヶ丸 »

水根から鷹ノ巣山へ

また一か月遅れになってしまったけど、11/6は鷹ノ巣山へ。

2021110601

満員のバスを水根で一人下車。水根沢林道に向かうけど、途中の道標がきれいになってました。

2021110602

いつものように細い道。

2021110603

モミジの紅葉がきれい。

2021110604

色づきは良いとは言えないけれど、それでも紅葉は良い雰囲気。

2021110605

だいぶ歩いたところから取り付きますか。

2021110606

三本ケヤキ沢右岸尾根を登っていくと淡い色合いですが、やはり紅葉が良い感じでした。

2021110607

結構、急登が続きますが、頑張ります。

2021110608

途中にはヌタ場らしきものもありました。

2021110609

このあたりまで登れば少し稜線が近くなったかな。

2021110610

上部も紅葉ですが、下よりは色が今一つ。

2021110611

なんとなく踏み跡があるような無いような。パッと見ると登山道とは思えない感じに所に出ました。

2021110612

しばらく進むと榧ノ木山の手前。立ち寄らず、そのまま進みます。

2021110613

水根山に向かうとこのあたりの紅葉は地味にきれい。

2021110614

しっとりした、こういう色合いの紅葉って結構好きです。

2021110615

きつい登りで縦走路に出て、水根山はパスして鷹ノ巣山に向かいます。稜線はすっかり冬枯れの雰囲気。

2021110616

山頂手前の登りはやっぱりきつい。やっと鷹ノ巣山の山頂に到着。

2021110617

残念ながら雲で富士山も見えず。

2021110618

避難小屋の方に向かうと右手には雲取、奥秩父の山々。

2021110619

鷹ノ巣避難小屋もあまり変わっていない雰囲気。

2021110620

峰谷に向かって下ります。オレンジ色が主体でした。

2021110621

色とりどりの場所もあって、これも良い雰囲気。

2021110622

神社は古びていて、壊れかけの建物もありました。

2021110623

峰谷に下り、近道の山道を下ります。左手の紅葉がきれいでした。

2021110624

峰谷のバス停に着くと、なんと5分前にいったばかり。でも随分なペースで下ったので5分は短縮できなかったなぁ。

仕方なく、峰谷橋まで歩いて、これまた随分待たされました。バス停から離れた待合所で待っていたら、なんとこのバス停で行列が。20人くらい並んだでしょうか。すでに混んだバスが来て当然座れず、奥多摩駅まで立って乗ることになってしまいました。

 

« 紅葉の尾根から浅間嶺 | トップページ | 1541m点から本社ヶ丸 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉の尾根から浅間嶺 | トップページ | 1541m点から本社ヶ丸 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ