« 獅子舞の谷から大平山 | トップページ | 大峰へ »

マイナー尾根から秋山二十六夜山

11/23は道志へ。

2021112301

無生野行きのバスを久しぶりに板崎バス停で下車。

2021112302

しばらく道路を歩いて登ります。前道志の山の紅葉が良い感じ。

2021112303

以前、東尾根を歩いた時にはなかった民話の看板ができていました。

2021112304

明るい所は紅葉がきれい。

2021112305

随分林道を歩きました。途中左手には道志の主稜線が見えます。リニアの工事が進んでいるのか、機械などの音が響いていました。

2021112306

ヒモシド沢から取り付きます。左手に大きな堰堤があり、登ったところから正しい取り付きに向かうのは難しそうなので、テープを見かけた所から小尾根を登ったのですが、これは踏み跡などないヤブ尾根でした。

2021112308

やっとのことでヤブ漕いで820m点と思われる所に辿りつきました。

2021112309

秋山二十六夜山に向かいますが、比較的、歩きやすい尾根。

2021112310

結構、雰囲気良い尾根でした。

2021112311

植林の登りは少し急だったけど、やがて再び自然林になり、良い尾根を登りました。東尾根と合流すれば山頂はすぐそこ。

2021112312

誰もいない静かな山頂に辿りついて、かなり早い時間だったけど昼食。

2021112313

下山にかかります。二十六夜塔は相変わらず日影にあります。

2021112314

サルイ沢への尾根を下りましたが、やはり失敗、あまりにも急斜面になってしまい、植林に逃げました。なんとか下れそうな所を探ると末端近くまで下り、鉄塔手前の林道に出ることができてホッとしました。

2021112315

のんびり下ってキャンプ場を過ぎ、浜沢に出ました。

2021112316

時間も早いし、バスは2時間以上ないので、いつものように峠越え。浜沢の大ケヤキを久しぶりに見ます。

2021112317

以前は比較的きれいな紅葉が見えた立野峠道ですが、今年はあまり色付きが良くなかったです。

2021112318

立野峠に出るとこの日初めての登山者に会いました。

2021112319

峠道を下っていきます。以前よりも歩く人が増えたようで、整備もされて比較的歩きやすくなっていました。

2021112320

梁川駅近くからは矢平山あたりでしょうか。そこだけ日が当たって目を惹きました。

2021112321

梁川駅に出て、終了でした。

 

« 獅子舞の谷から大平山 | トップページ | 大峰へ »

登山(道志)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 獅子舞の谷から大平山 | トップページ | 大峰へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ