« 大山から二ツ山 | トップページ | 初登りは大山詣で »

高松山と大野山

2021年最後の山行は丹沢へ。

2021122901

久しぶりに寄行きのバスに乗り、田代向で下車。

2021122902

すぐにしっかり看板があります。

2021122903

しばらく歩いて橋を渡ってしまい、そちらはタケ山という山への道だった模様。戻ろうかと思っていたら、後ろから来た同じバスだったおじさんがどこ行くのと聞かれて、教えてもらいました。最近は人に教えられることが多いなぁ。戻って進むとしっかり道標がありました。

2021122904

しばらく道路を歩いていくと登山口。このあたりはヤマビルが多いらしく、塩もありました。

2021122905

しばらく登っていきますが、やはりヤマビル注意の看板多し。はなじょろ道を登っていきます。

2021122906

途中にはミツマタ。もう蕾を付け始めているようです。

2021122907

だいぶ歩いて登ってヒネゴ沢乗越。風が吹いて寒いです。

2021122908

せっかくなので高松山に向かいます。緩やかな登り。

2021122909

高松山の広い山頂に着きますが、富士山見えないよ。。。

2021122910

さっさと戻って、はなじょろ道を八丁に向かいます。

2021122911

やはりこちらの道はあまり歩かれておらず、道標はあるものの、それなりに経験のある人向け。大野山はしっかり見えるのになぁ。

2021122912

尾根歩きっぽい感じで少しルートを探すような所もあります。

2021122913

途中には烏山椒の木。

2021122914

だいぶ踏み跡ちっくな所もありながら下っていくと沢に降り立ちます。

2021122915

どうやって登るんだと思いながら踏み跡を探すとなんとか道標にある所に登れました。

2021122916

とある道を登ろうと思ったのですが、変なところを進んでしまい、直接大野山近くに登ってしまいました。

2021122917

ということで久しぶりの大野山。丹沢の山々がたくさん眺められます。

2021122918

ありゃ、富士山見えたけど、笠雲が。今日は機嫌悪かったのかな。

2021122919

下山は普通に谷峨駅に向かいます。まるで空に向かって飛び立てそうな登山道。

2021122920

随分下ると久しぶりに都夫良野の頼朝桜。

2021122921

さらに下って道路に出て、吊り橋を渡りますが、しっかりした橋に見えるけど、10人までの制限が。

2021122922

谷峨駅に到着。電車で帰りました。

 

« 大山から二ツ山 | トップページ | 初登りは大山詣で »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大山から二ツ山 | トップページ | 初登りは大山詣で »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ