« 高松山と大野山 | トップページ | 八束山 »

初登りは大山詣で

1/3は丹沢へ。

2022010301

大山ケーブルバス停が歩き出し。この時点は良い天気。人がたくさん。

2022010302

いつも男坂なので、たまには女坂登って見ることに。途中には石仏などがあります。

2022010303

大山寺でお参りしたのち、さらに石段を登って下社。茅の輪を八の字にくぐったけど、そんな通り方しているのは自分だけだったみたい。

2022010304

今回はハイキングコースなのに自分は歩いてないと思われる二重滝への道を取ります。

2022010305

しばらく歩きやすい道を進むと二重滝。水量が少ない滝ですね。

2022010306

近くには社もあります。阿夫利神社の摂社と記載がありました。

2022010307

なかなか大きな木もあって意外に雰囲気の良い道。右側は崖になっていて、以前転落事故も起きているらしいですが、今はロープなどもあるので落ちることはないでしょう。

2022010308

しばらく登って見晴台に到着。ありゃ、すっかり曇ってます。

2022010309

登っていきますが、なかなかきつい道。へつりっぽい感じの登りもあります。

2022010310

途中にはそこそこ大きなモミらしき木も見かけます。

2022010311

ひたすら木段のきつい登りが続きます。普通は逆コースで案内されているのはそういう理由なのかな。

2022010312

ということで奥の院到着。人がそれなりに多いです。しっかりお参り。今年も良い山に登れるかな。

2022010313

ベンチに座って昼食にしましたが、ものすごく寒い。。。
眼下に沿道の街並みをちらりと見ただけでした。

2022010314

さっさと下社に向けて下山しますが、後から後から人が登って来る道を下ります。富士見台はやはり富士は見えず。

2022010315

蓑毛分岐も左へ下社へ。

2022010316

久しぶりの夫婦杉に会えました。

2022010317

二度目の下社ですが、観光客が増えてお参りの列ができていました。

2022010318

帰りはしっかり男坂を下ります。

2022010319

大山ケーブルバス停に戻ってきました。時間が早かったので、伊勢原駅でコーヒー飲んで帰りました。

 

« 高松山と大野山 | トップページ | 八束山 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

大山おつかれさまです。

帰省してれば毎年、阿夫利神社下社に初詣に行くんですが、、、
今年もコロナで行けなかったです・・・

二重滝ってこんなに水量少なかったんですね
あまり記憶にない。。。

そういえば下社の下をトンネルみたいに歩く道があって、
水をくめたような気がするんですが、まだあるんですかねぇ・・・

くま公さん、こんにちは。

実家がこちら方面なのですね。
やはり中腹の滝だけに水量が少ないのは仕方ない所でしょうか。
記憶に残らなくても不思議ではないですね。

自分は行ったことがないです。確かテレビか何かで見て行こうと思いつつ忘れていたような。。。

リブルさん、今年もブログを参考にさせていただきます。
ちょうど、今年の山歩きのスタートを大山にしようかな、と考えていたところです。
大山には、今まで行ったことがないのですが、しし鍋を食べたいな、といささか動機は、
不純なんですが、冬の大山詣(登山)の後にしし鍋で一杯なんて考えています。

たまびとさん、こんにちは。
今年もよろしくです。

大山はコースによって軽くも歩けるし、バリハイクもあるし、いろいろ楽しめますね。
豆腐料理を食べて見たいのですが、一人だとお店に入るのが気が引けて、入ったことがないです。

一日違いだったんですね~
リブルさんが見晴台のルート歩いたことがなかったというのはびっくり。
あのルート、以前は囲いはなくて確かによそ見してると落ちそうな道でしたが、
今はすべて囲われたので安全?になりましたね。
でもやはり歩く人が多いせいか、崩れ箇所もだんだん増えてきているような。

私が歩いた2日の日は、登りの時間帯で救助隊とヘリがいて、
ヘリが1時間近く旋回していてかなりうるさかったけど何だったのかはわからないままです。
毎週のように事故があるそうですね。
観光の延長で歩く人も結構いるから、それもわかる気がします。

cyu2さん、こんにちは。

たぶん歩いていなかったのは下社から二重滝、見晴台までだったと思います。
山を始めた頃、雷ノ峰尾根と呼ばれていて、日向薬師の方から登ったことがあったと思いますが、ログとか書いていない頃なので、ほぼ忘れてます。
まあ、個人的な話だから登っていようといまいとどうでもよい話ではありますが。(^^;
そのうちにログ書くために日向薬師から登らないといけませんね。

やはり大山付近はオーバーユースの問題はどうしても付きまといますね。
表参道を下りましたけど、あの道も昔はあれほどではなかったですが、最近はひどく掘れてしまっていたりしますよね。木段は登り下りで膝に来るのですが、仕方ない面があります。
あそこまで人が多いとそのうちに富士山のように入山料が検討されてしまったりするかもしれませんね。

遭難騒ぎですか。去年、小仏の付近を歩いた時も救急隊が駆けつけていました。ただでさえコロナで面倒な状況なので遭難とか起こさないように気を付けたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高松山と大野山 | トップページ | 八束山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ