« 星音の湯 | トップページ | 般若の丘から般若山 »

乃木神社から国会議事堂前

まだまだ自分が知らない東京はたくさんあります。ということで1/16は乃木坂へ。

2022011601

乃木坂駅で下車して出口を出ると乃木神社のすぐ横。まずはお参り。なかなか大きな神社で人も多かったです。

2022011602

帰りの右手に入口があり、そこから入ると旧乃木邸。これはお庭。

2022011603

建物がありますが、中には入ることはできません。外からの見学のみ。

2022011604

しばらく歩いて、カナダ大使館の横に高橋是清翁記念公園。2.26事件で暗殺された高橋是清翁の邸宅跡に作られた公園だそうな。場所柄なのかどうか女性が多く休んでいるのが印象的。奥には像がありました。

2022011605

公園内には、なんか不思議な石像がいくつもあります。

2022011607

再び歩いて豊川稲荷。こちらもすごい人で混雑。

2022011606

まだ初詣なのか、何かイベントの日なのか分かりませんが、参拝するのに長蛇の列で、15分くらいは待たされました。境内も人が多いので、あまり歩きまわれず。

2022011608

一ツ木通りを歩いて先に進むと日枝神社。予想外の長い階段は登るのに一苦労。エスカレーターはあるけど、山のぼらーは歩くよね。

2022011609

参拝して右に出ると、立派な神門。通りに面してないので人通りは少ないけど、こちらの方が正しい入口なのかな。石段がめちゃ急です。

2022011610

左に議員会館を見て進むと国会議事堂の裏手。

2022011611

議事堂を回り込んで歩いていくと憲政記念館。立ち寄って見学してみました。資料や昔国会議事堂で使われていた時計などが展示されていました。

2022011612

残念ながら正門前からの写真は逆光。国会議事堂前駅から地下鉄で帰りました。

 

 

« 星音の湯 | トップページ | 般若の丘から般若山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 星音の湯 | トップページ | 般若の丘から般若山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ