« 館山の里山、藪山 | トップページ | 星音の湯 »

長尾根と古い峠道の探訪

1/15は秩父へ。

2022011501

西武秩父駅で下車して歩き出し。

2022011502

しばらく歩いて荒川にかかる武之鼻橋を渡ります。

2022011503

しばらく歩いて住宅の横の踏み跡を登ってみると道路を横断して、その先には巡礼道の表示。

2022011504

しばらく登って立ち寄らなかったけど、札所二十二番を横目で見て通り過ぎます。

2022011505

再び巡礼道の表示があり、それに従って進むと道路に出て、渡って少し行くと音楽寺を示す道標がありました。

2022011506

ということで音楽寺でお参り。

2022011507

左手から登ると観音堂。秩父事件で民衆が集まった場所だそうな。歴史を感じさせるたたずまい。

2022011508

少し先に行くと14体の石仏。秩父札所を開設した十三権者の石像だそうな。

2022011509

のんびり雰囲気の長尾根を進みます。この日は随分寒い感じ。

2022011510

途中で道は右下へ下っていたけど、そのまま尾根道に入って歩きにくい尾根を進むと三等三角点。その先は何か工事現場になっていて、少し下りかけたけどやめて戻ることにしました。

2022011511

下っていき、道路に出てからしばらく道路を歩いて、おそらく府坂峠と思われる場所。

2022011512

下っていくと府坂入口のバス停に出ました。

2022011513

本当は品沢峠への峠道を辿りたかったのですが、採石場の中に道があるらしいので、通るのは無理そう。なので、怪しいところに入り、ヤブをかき分けてそれらしいところへ出ました。あたりをほっつきまわって見ましたが、どこが品沢峠なのかよく分からず。

2022011514

藪の踏み跡を下ってなんとか八人峠入口に出ました。ネットで見かけた八人峠の地図の書かれた建物。

2022011515

しばらく登って右手にゴルフ場が見えた所が八人峠なのかな?

2022011516

寄り道して三角点へ。ちょっと欠けていて何等か分からず。ここは天狗山とか。

2022011517

戻って先に進むと右から左に踏み跡が通っている所に出ましたが、こちらが本当の八人峠なのかな?

2022011518

先へ進むと首切り岩。盗賊が住処にしたという伝説があるけど、ホントにこんな所に住んだのかな。

2022011519

山賊の祟りか、先に尾根道を進んだら怪しくなってしまい、下りかけたけど登り返して戻りました。ということで峠道を下ります。

2022011520

しばらく下るとロープの付いた急降下もありました。その先に何やら石碑。

2022011521

最後もだいぶ歩きにくかったけど、広い所に出ると左手には畑がありました。右奥に鳥居が見えたので行ってみると神社らしいのですが、名称とかなし。山の神でしょうか。お参りしました。

2022011522

道路に出て、しばらく歩いていくと菊水寺。札所三十三番の菊水寺。

2022011523

無事何事もなく、ヤブ道を歩けたことを感謝してお参り。ここは八人峠の山賊が心を入れ替えて仏門に勤しんだと言われているお寺だそうな。

 

« 館山の里山、藪山 | トップページ | 星音の湯 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 館山の里山、藪山 | トップページ | 星音の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ