« 生藤山スノーハイク | トップページ | 大霧山へ »

稲城散歩

2/20は天気が悪いので山には行かず、稲城をお散歩。

2022022001

南武線の南多摩駅が歩き出し。

2022022002

まずは少し歩いて医王寺。不動明王像がめちゃ大きいです。

2022022003

本堂の前には十二神将が並び、ちょっと変わった雰囲気のお寺でした。

2022022004

しばらく歩いて城山公園。さすがにこの寒さと雨の後ということもあって散策している人はほとんどいなかったです。

2022022005

かなりの急な木段道を登って、三等三角点。点名大丸。135.3mです。

2022022006

ファインタワーという展望台があるのですが、7月より利用開始とのこと。展望の良い冬場は利用できないのはなぜでしょうね。

2022022007

下っていくと梅が咲いていましたが、やはり天気が悪いと今一つ。

2022022008

しばらく歩いて円照寺というお寺の入口には二十三夜塔。残念ながら上の方が欠けてしまっています。

2022022009

すぐ隣には大麻止乃豆乃天神社の入口。

2022022010

きつい石段をしばらく登ると神社に辿りつきましたのでお参り。

2022022011

案内板によると境内には津島神社、白山神社、神明神社、稲荷神社、秋葉神社を祀っていると書かれていました。随分神社だらけの神社ですね。地元の方の信仰の高い神社なのか、家内安全などと書かれたたくさんの幟が立っていました。

2022022012

しばらく歩いていくと道を間違えたようで、随分歩いてしまい、京王線の稲城駅までいってしまいました。だいぶ戻って歩いてようやく見つけた青渭(あおい)神社。

2022022013

しっかりお参りします。

2022022014

近くには大きなご神木が何本もあり、なかなか古い神社のようですね。案内板によると神社は江戸時代前期に創建されたようです。

2022022015

このあたりは梨の産地。たくさんの梨の棚があり、近くには梨農家も多いです。

2022022016

さらにしばらく歩くと稲城梨歌の石碑。近くに多摩川梨発祥之地碑もあるらしいですが、梨園の中にあるようなので諦めました。

2022022017

ちょいと寄り道で八坂神社でお参り。

2022022018

稲城長沼駅の近くを通り、さらに先に進んで津島神社でお参り。

2022022019

また少し迷ったけど、多摩川沿いに出ました。遠くに中央線沿線や奥多摩などの山々がちらり。

2022022020

しばらく多摩川沿いを進んで右に進むと島守神社。

2022022021

狛犬がちょっと変わっていてダンディ。

2022022022

梨園の間を通ると共同墓地に考子長五郎墓。あまり文献が残っていないようですが、母に考養を尽くしたとして大岡越前守忠相から銀子二十枚と田七反歩を与えられたそうな。

2022022023

梨園がたくさんある所を通り、用水路沿いをしばらく歩いて矢野口駅に出て終了でした。

 

« 生藤山スノーハイク | トップページ | 大霧山へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生藤山スノーハイク | トップページ | 大霧山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ