« 稲城散歩 | トップページ | 蓑山(美の山)へ »

大霧山へ

2/23は奥武蔵へ。

2022022301

先日地図を見ていたら、定峰から登ったことないなぁと気づき、西武秩父駅からバスで終点の定峰バス停まで乗りました。

2022022302

少し戻ると旧定峰峠への道には昔の道標らしき石。大河しか見えないけど、大河原らしいです。元禄九の字は見えました。

2022022303

しばらく道路を登ると定峰神社。お参りしていきます。

2022022304

近道があったみたいですけど、素直に道路を進んでしまいました。珍しい時計付きの道標。

2022022305

先には定岳寺。

2022022306

何度か道路を横断したり道路を進んだりしてから登山道に入り、峠道を登っていきます。雰囲気の良い道。
峠と言えば、今度、山と渓谷社から「峠」という深田久弥編のオムニバス本がヤマケイ文庫から2022年3月に出版されるらしいです。戦前の本で読んだことがありますが、また読み直してみたいです。

2022022307

雪が出て来てストックを取り出して歩きました。結構歩いて登ると旧定峰峠。

2022022308

雪が溶けたのが再度凍っていて登りにくかったです。小さなピークで右に折れますが、ベンチもあるので久しぶりに軽アイゼンを装着。
そこからは雪が増えたのでちょうどよかったです。

2022022309

実に天気の良い日。こんな日は最高ですね。

2022022310

やっと大霧山が見えてきましたが、この先の下りが少し急で凍結の道でした。

2022022311

ホントに久しぶりの山頂。レポも書いていない頃なので、実に二十数年ぶりの山頂です。

2022022312

この日は本当に大展望。武甲山を始めに雲取、甲武信ヶ岳、両神山などなど、

2022022313

赤久縄山、御荷鉾山、浅間山など。

2022022314

手前は蓑山、向こうは子持山、赤城山、日光白根山とかかな。
まあとにかく楽しい山頂でした。

2022022315

下りも軽アイゼンがないと辛い道でした。

2022022316

しばらく下っていくと高原牧場入口への道が分かれますが、少し先へ。

2022022317

粥仁田峠に立ち寄りました。

2022022318

戻って高原牧場入口の方に向かいます。右は広大な畑のようです。
もうアイゼン要らなくなって外しました。

2022022319

どんどん下っていくと林道に出ました。蛇紋石の案内板がありました。

2022022320

高原牧場入口バス停に出る直前に西武秩父方面のバスが通っていくのが見えました。。。

 

« 稲城散歩 | トップページ | 蓑山(美の山)へ »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちは。
深田久弥編纂の「峠」と聞いて、数年前に地元の古書店で購入したことを思い出しました。
すっかり変色した頁をめくると昭和14年12月再版発行とありましたから、確かに戦前に出版されたものですね
峠に関する紀行文や随筆、文学作品を集めたもので、尾崎喜八や田部重治の他に柳田国男や島崎藤村の名前もあり、これを機会に読んでみようと思います。

たまびとさん、こんにちは。
数年前に買われたのに読んでいないとはもったいない。
深田氏編纂の中で自分が一番気に入っているのがこの「峠」です。
ノスタルジックな写真も当時の雰囲気を漂わせているのがいい感じですが、さすがに写真は復刻には載らないのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稲城散歩 | トップページ | 蓑山(美の山)へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ