« 武蔵関公園から三鷹駅 | トップページ | 松陰神社から上町へ »

中藤尾根へ

2/5は奥武蔵へ。

20220205011

飯能駅で下車しましたが、時間を間違えて覚えていて、目の前で発車していくのを見送るアクシデント。寒い駅前で30分ちょっと待ってようやく乗り、新寺バス停で下車。

20220205021

少し先に歩いて右に入ると中藤尾根の曲竹口登山口。去年あたりにハイキングコースとして整備されたようです。

20220205031

風に吹かれる中を登っていくと小さな石祠。

20220205041

鉄塔の下を通過。

20220205051

アップダウンで進むと堂西山。ここは防空監視哨跡らしいです。

2022020506

しばらく下って山王坂峠。ここは左右に道があり、峠らしい雰囲気。

2022020507

急な登り返しなどもあって若干ハード気味。天神山南峰を通過。

2022020508

さらにアップダウンで天神山北峰。

2022020510

さらに先へ進むと金亀石。確かに岩が亀みたいに見えなくもないかも。

2022020511

やっぱり急登。

2022020512

高山の山頂に到着。左右に道が分かれ、左は倉掛峠に向かいますが、案内板によると水道施設で道がなくなるらしいです。

2022020513

中藤中郷に向かって進み、あまり山頂らしくない所に久根花山の表示。

2022020514

最後は急降下で中藤中郷の登山口に着きました。石仏が置かれていました。

2022020515

11時過ぎと微妙な時間。帰るには早いし、他の山はちょっと遠いです。前坂に向かうことにして先へ進むと白髭神社があったのでお参り。

2022020516

少し先には塩浪地蔵尊。中にお地蔵さんがいらっしゃいました。

2022020518

中藤のバス停で竹寺への道を左に見ます。階段を登って目の前の山の神らしき木祠に挨拶して、右へ進みました。

2022020517

稲荷神社でお参り。

2022020519

奥の方まで民家が点在していました。途中にはやはりお地蔵さん。

2022020520

先の林道に通行止めの表示がありましたが、前坂への登山口は右の林道を進んだところにありました。

2022020521

前坂に出るとさすがにこの稜線は人がそれなりに歩いています。

2022020522

相変わらずこの稜線はアップダウンがきついこと。すでに12時30分を過ぎていたのであまり眺めが良くない大高山で昼食にしました。

2022020523

天覚山ってこんなに遠かったっけと思うくらい、ひたすらアップダウンをこなさねばなりませんでした。天覚山からみる丹沢大山。

2022020524

せっかくなので沢コースよりも時間のかかる尾根道コースを下ります。

2022020525

ひたすら下って久しぶりの東吾野駅に降りて終了でした。

 

« 武蔵関公園から三鷹駅 | トップページ | 松陰神社から上町へ »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 武蔵関公園から三鷹駅 | トップページ | 松陰神社から上町へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ