« 雨巻山へ | トップページ | 烏峠、富士見山 »

高峰へ

雨巻山からの続きです。

2022032010

先へ進んで下るとカタクリの多い場所がありましたが、まだ咲いていませんでした。さらに先へ進んで下っていくと門毛への道が分岐。

2022032011

道の途中に四等三角点。

2022032012

大きな石祠の屋根が落ちてました。先日の地震のせいかな。数人がかりじゃないと持ち上げるのは無理そうです。

2022032013

下っていくと気持ちの良い場所で左に進みます。

2022032014

しばらくで道路に出ました。このあたりが深沢峠でしょうか。

2022032015

道路を登っていき、高峰登山口。

2022032016

なかなかきつい登りが続きました。ようやく緩やかになるとマウンテンバイクの道が右にありました。

2022032017

パラグライダーの離陸場からは加波山や筑波山を見ることができました。

2022032018

さらにしばらく進めば、高峰の山頂。ベンチに座ってのんびり昼食。

2022032019

仏頂山まで行こうと思えば行けるくらいの時間と体力でしたが、今回はここで打ち止め。

2022032020

細い道を五大力堂に向かいます。しばらく下っていくと右に沢コースというのが分岐したので、入ってみました。歩く人は少なそうだけれどなんとか下れました。

2022032021

ということで五大力堂でお参り。

2022032022

道路に降りてからが長い歩き。地形図を見ながら歩きました。途中には義民地蔵というのがありました。

2022032023

だいぶ歩いて月山寺。ここは以前に来たことがありました。古そうな松があります。

2022032024

久しぶりに羽黒駅に出て終了でした。

 

« 雨巻山へ | トップページ | 烏峠、富士見山 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

3月20日雨巻山と見て、ニアミスしていましたね。
私は、列車を4回乗り継いで、益子の街を散策していました。
その日、駅を降りたのは私を含め3名ほど、徒歩で益子焼の窯元と藍染の工房を訪ねました。

たまびとさん、こんにちは。
すみません、遅くなりました。

近い所でしたか。益子焼、以前に立ち寄って物色したことがありますが、残念ながら自分の好みに合う陶器を見つけられませんでした。
次に行くことがあったら、合うものがあると良いのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨巻山へ | トップページ | 烏峠、富士見山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ