« 蓑山(美の山)へ | トップページ | 新掲示板 »

御所塚山に

2/26は房総へ。

2022022601

久しぶりに五井駅からレトロな気動車の小湊鉄道に乗り、飯給駅で下車。
飯給駅は世界一広いトイレで有名な駅。女性用ですが、他に降りた人は誰もおらず、ドアが開いていたので外から見せてもらいました。確かに広大でした。

2022022602

山に向かいます。この日も天気は最高、房総に来てこんなに天気が良いのは久しぶりな気が。

2022022603

しばらく歩いたヤブから小尾根に取り付きます。

2022022604

踏み跡は怪しかったけれど、小尾根を登っていくと南東尾根に出ました。

2022022605

踏み跡はそれなりにある感じ。倒木も若干あるけど、歩くにはそれほど問題なかったです。

2022022606

どんどん先へ進むと笹藪の尾根になってしまい、左下をしばらく進んでからヤブ尾根に復帰して進むとあっけなく万田野林道に出てしまいました。せっかくなので少し戻って北東尾根の展望ピークを探索してみましたが、数年前の台風とコロナのせいか道が笹の密藪と化していて、進めなくなったので諦めて戻りました。

2022022607

しばらく万田野林道を緩やかに下り、御所塚山の取り付きに出ました。

2022022608

東峰を先に行こうと思ったけど、藪っぽいので諦めて先に山頂へ。一等三角点がありましたが、少しだけ空き地になっているだけで周りは木やヤブになっています。

2022022609

今日は五井駅で買ったお弁当がお昼。アサリ、焼き魚、シイタケ、カマボコなどが入って¥500。コンビニ弁当とは違い、やはり美味しかったです。量少な目ですが、中年おやじにはこのくらいがちょうど良い感じ。

2022022610

食事も済んだら倒木やヤブなどを踏み越えて右手へ。採石場の向こうには海が見えました。

2022022611

帰りはやはり東峰を探索。単にヤブのピークであまり来る必要はなかったようです。尾根をもう少し先まで行きましたが、やはり笹藪になってしまったので意味なかったです。

2022022612

御所塚山への踏み跡に戻り、万田野林道に向かいますが、結構、踏み跡が怪しいので注意しながら戻ります。

2022022613

無事、万田野林道に戻ってきました。

2022022614

しばらく林道を南下して歩いた、市原クオードの森のつばきコース入口。

2022022615

しばらく歩いた展望台からは山が見えますが、どこの山かさっぱり分からないです。

2022022616

しっかりと山道を下って駐車場に降り立ちました。

2022022617

少し先にはキノコなどのオブジェがたくさん。

2022022618

ふれあいの道の道標が入ってそちらに入ったら、道がよく分からず、泥だらけになってしまって道路に這い上がりました。月崎駅に出て終了。

2022022619

月崎駅の駅舎とプラットホームは国登録有形文化財で、駅舎は大正15年のもの。下り線のプラットホームは昭和42年に使われなくなったそうですが、駅名標だけは新しくされているようですね。

天気の良い駅舎でのんびりと列車を待ちました。

 

« 蓑山(美の山)へ | トップページ | 新掲示板 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蓑山(美の山)へ | トップページ | 新掲示板 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ