« 新掲示板 | トップページ | きのこ山から加波山(中編) »

きのこ山から加波山(前編)

3/5は茨城へ。

2022030501

以前はタクシー利用しかなくて諦めていたきのこ山。今は「ヤマザクラGO」という桜川市のバスがあり、しかも本数がそこそこあってこれなら山に行けます。桜井というバス停で下車しました。乗車料金1回200円なのに、雨引観音で下車するとなんとランチが無料で付いてくるらしいです。(土休日のみ)とは言え、さすがに登山者の利用は無理だなぁ。。。(^^;

2022030502

コンビニ手前の道を進んだのですが、国道をもう少し先に進んで信号を左に曲がった方が近かったようです。しばらく歩いてようやく登山口ですが、木段続きの道。

2022030503

しばらく歩いたのち、再び道路を少し歩いて再び登山道に入ります。案内があるので比較的迷わなくてすみます。

2022030504

しばらくつづら折りの道を辿り、さらに登っていきます。

2022030505

汗をかかされつつ登って分岐からつぼろ台へ。

2022030506

大岩の上からは、これから歩く足尾山、一本杉峠、丸山、加波山などを見渡すことができました。

2022030507

結構木段道の急登があって疲れます。広い草地に出ると気持ちの良い眺め。ここはパラグライダーの発進基地ですね。

2022030508

道路に出て、少し先を入ると休憩舎があり、その裏手にぽつんと三角点。(左)

2022030509

休憩舎があります。

2022030510

先へ進んでいくとまたパラグライダーの基地。このあたりは多いですね。眺めがよくて楽しいですが。

2022030511

先へ登ると足尾神社。靴などが奉納されていました。ここは足の神様で、スポーツ選手などにも人気だそうな。

2022030512

その先が石段地獄。長ーい石段で足に来ること間違いなし。

2022030513

登りきると石祠のある足尾山の山頂。

2022030516

三角点がありますが、上にいたずら書き?

続きます。

 

« 新掲示板 | トップページ | きのこ山から加波山(中編) »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新掲示板 | トップページ | きのこ山から加波山(中編) »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ