« 東中野 桜散歩 | トップページ | 高峰へ »

雨巻山へ

3/20は栃木へ。

2022032001

一度は歩いてみたかった雨巻山。基本的にマイカー中心の山ですけど、奮発して益子駅からタクシーで大川戸駐車場に降り立ちました。

2022032002

駐車場の端に分岐。御岳山の方も歩いてみたいけれど、今回は三登谷山の方に向かいました。

2022032003

しばらく道路を進むと右に道が分かれていました。

2022032004

どんどん登っていきます。比較的緩やかな登りなので登りやすい道です。

2022032005

三登谷山は小さなピーク。向こうには雪を抱く山が。

2022032006

先へ向かいます。まだ昨日の雨の影響が残っているようで雨巻山のあたりは雲がかかっていました。このあたりは道標に番号が示されていて現在地が分かるようになっているようです。

2022032007

栗生というところへ道が分かれていました。

2022032008

さすがに山頂手前はそれなりに登らされました。雨巻山の山頂にはベンチがたくさんあるんですが、人が多くて吃驚。

2022032009

少し先に進むとベンチがあり、その先に小さな展望台。登ってみましたが、あまり眺めは見えないので意味なかったです。

続く。

 

« 東中野 桜散歩 | トップページ | 高峰へ »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東中野 桜散歩 | トップページ | 高峰へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ