« きのこ山から加波山(中編) | トップページ | 真壁城跡 »

きのこ山から加波山(後編)

加波山の続きです。

2022030528

さて、加波山から下山にかかります。

2022030529

以前にも来たことのあるたばこ神社。

2022030530

さらに降りれば加波山神社拝殿。

2022030531

石段を下ったところから左に長岡に向かいます。

2022030532

七合目の表示。沢があり、山椒魚谷の石標もありました。

2022030533

どんどん降りていくと五合目の石祠のある所で道路に出ました。

2022030534

採石場を左にみてさらに下ると桜観音。

2022030535

本宮道がありました。そのうちに歩いてみたいな。

2022030536

少し下ると加波根不動明王(根不動尊)。

2022030537

さらに下ると加波山神社真壁拝殿。

2022030538

その横には加波山普明神社。

2022030539

しばらく歩いて加波山三枝祇神社(加波山本宮)。

2022030540

なかなか大きな木もありました。

2022030541

途中には古びた六地蔵。

2022030542

長岡バス停に出ましたが、直前にバスが行ってしまう悲劇でした。

 

« きのこ山から加波山(中編) | トップページ | 真壁城跡 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きのこ山から加波山(中編) | トップページ | 真壁城跡 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ