« きのこ山から加波山(前編) | トップページ | きのこ山から加波山(後編) »

きのこ山から加波山(中編)

きのこ山からの続きです。

2022030514

足尾山から見る筑波山はやはり良い眺めでした。

2022030515

反対には加波山が見えるけど、ちょっと木が邪魔していました。

2022030517

足尾山からの下り道はかなり滑りやすい道でした。その先で休憩舎の前の踏み跡を辿ったのですが、どうやら通常の道と違う道に入ってしまった模様。谷状の踏み跡を辿ってしまいました。なんとか道に出られたので良かったです。一本杉峠は広い峠。

2022030518

せっかくなので丸山に登ります。道を行くとスルーしてしまうので、少し戻って風車を回り込んで登ってみた藪山に三角点がポツリとありました。

2022030519

先へ進むとなぜかオブジェが。

2022030520

またしても階段地獄。きつい木段登りがしばらく続きました。

2022030521

先へ進むと大岩が多くなります。まるで墓石みたいな岩。

2022030522

加波山一丁目の表示。

2022030523

加波山神社本宮拝殿かな。かなり古い感じ。

2022030524

立っているのは崇拝の対象ですね。三尊石というらしい。

2022030525

本宮御本殿。後で調べたら、この横に三角点があったらしいです。見逃しました。。。

2022030527

先に行けば石に「自由之魁」と赤い字で刻まれています。

2022030526

その上が加波山神社中宮御本殿。しかし、社ありまくりの山ですね。下の日当たりの良い所で昼食にしました。

続く。

 

« きのこ山から加波山(前編) | トップページ | きのこ山から加波山(後編) »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きのこ山から加波山(前編) | トップページ | きのこ山から加波山(後編) »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ