« 南湖公園 | トップページ | 日立の桜 »

高鈴山、神峰山

4/9は日立へ。

2022040901

列車が遅れてもう少しでバスを逃す所でした。走ってバス停に向かったところ、他にも数人、バスに乗りたい人がいたので、すでに発車して信号待ちしていたバスになんとか乗せてもらうことができました。これを逃すとタクシーだと高額になりそうなので、助かりました。

2022040902

車で来ている人も多く、それなりに人の多い御岩神社へ。

2022040903

高い三本杉が目を惹きます。

2022040904

境内にはショウジョウバカマがこれでもかと咲いてました。

2022040905

もちろん御岩神社でお参り。

2022040906

今回は裏参道を辿りました。

2022040907

こないだまで寒かったけど、もう随分暖かい感じ、やはり歩いている人が多いです。だいぶ登って岩場コースは封鎖されています。

2022040908

御岩山の山頂も人が多数休んでいました。青空が気持ちいい感じ。

2022040909

スピードモードで高鈴山へ。もう随分前に日立駅から歩いてきたことがありましたので、久しぶりの山頂。

2022040910

往路を再びスピードモードで戻って登ってきた分岐から神峰山に向かいます。

2022040911

一旦道路に下って、さらに登って神峰山に向かって進んでいきます。日鉱記念館やきららの里への道を分岐します。比較的緩やかな道だけれど、長いです。

2022040912

さすがに神峰山への登りは少しきつかった。山頂手前に神峰神社がありました。

2022040913

神峰山には大煙突のレリーフと説明版があります。

2022040914

しっかり大煙突が見えました。

2022040915

先へ進んでいきます。この先はさすがに人が少なくなりました。

2022040916

下って登って、結構歩かされて羽黒山の山頂。ここも久しぶりの山頂です。季節が違うと雰囲気も違う感じ。

2022040917

さらに先へ進み、小木津山への分岐。あのヤブ道は変わっているかなぁ???

2022040919

さらに進んで大煙突展望台。近いけど、今一つ。

2022040920

丘陵コースみたいな雰囲気になってどんどん進み、急降下して道路を横断。さらに先に進みます。

2022040921

鞍掛山からは遥か遠くに高鈴山が見えました。

2022040922

マメザクラ?→オオシマザクラ。淡い感じのサクラがよく咲いていました。オオシマザクラは煙害に強い桜として植樹されたそうです。

2022040923

かみね公園近くにはやはり大煙突のレリーフ。あたりの桜が満開でした。

2022040924

せっかくなので満開の桜を楽しみながら、日立駅まで歩くことにしました。

2022040925

日立駅まで歩いて終了でした。

2022040926

この日、フイリヒナスミレがよく咲いていました。

 

« 南湖公園 | トップページ | 日立の桜 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南湖公園 | トップページ | 日立の桜 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ