« 日立の桜 | トップページ | 新緑とカタクリの御前山 »

アカヤシオの蕨山へ

4/17は奥武蔵へ。

2022041701_20220429194101

久しぶりに一番バスに乗りましたが、バスは満杯。さわらびの湯まで立って乗りました。名郷で下車。

2022041702_20220429194101

しばらく林道を進んで堰堤の手前から登山道開始。急登です。

2022041703_20220429194101

尾根に出て進んでいきます。ヤマザクラがちらほら。

2022041704_20220429194101

おお、アカヤシオが出てきました。

2022041705_20220429194101

さらに進んで登っていきます。結構登らされるところもあります。

2022041706_20220429194301

アカヤシオのオンパレードの場所があって、次から次へと見られました。こんな咲く道なのね。

2022041707_20220429194301

カメラをザックにしまえずにしばらくそのまま登りました。

2022041708_20220429194301

ミツバツツジも交じって咲いていました。

2022041709_20220429194301

少ないけれどイワウチワにも会えました。

2022041710_20220429194301

久しぶりの蕨山。最初は人が少なかったけど、すぐに人がたくさんやってきて賑やかな山頂になりました。

2022041711_20220429194501

山頂直下のアカヤシオもしっかり咲いていました。でも、いつも見る木はまだのようでした。

2022041712_20220429194501

しばらく下って藤棚山は静かなピーク。

2022041713_20220429194501

フモトスミレがちらほら。

2022041714_20220429194501

いつもミツバツツジがすごい道は今年はやはり早かったようで、今一つでした。

2022041715_20220429194501

降りていくとヤマツツジがきれい。

2022041716_20220429194701

少し天気が回復した時もあり、やはりヤマツツジと始まった新緑の組み合わせがいい感じでした。

2022041717_20220429194701

予想外に早く降りてしまいました。

2022041718

バスを一本遅らせて土産物を探すと名栗まんじゅうというのが売られていたので、二個買いました。
美味しかったけど、餡子がたっぷり入っていて、お腹がかなり膨れました。

2022041719

久しぶりにマキノさんが見られたのが良かったです。

 

« 日立の桜 | トップページ | 新緑とカタクリの御前山 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

蕨山、いいですよね~私もここ好きで、
毎年アカヤシオの時期になると訪れていましたが、今年は高尾を優先してしまったので行けませんでした。
日帰りで手軽にアカヤシオ見れる場所、ここしか知らないので(;'∀')
飯能からのバス、アカヤシオの時期はいつも混んでいますが、絶対増発出さないですよね。
乗り切れなかったら30分後?のに乗ってくださいとか言われます。
他のシーズンも混んでいるんですかね?

cyu2さん、こんにちは。

アカヤシオ、今年は夏みたいに温度が上がったせいか、ホントに一瞬でしたね。
普段だとこちらで見て、次の週に北関東で、と考えるのですが、北関東の一部まで一気に咲いてしまったようで、行く気になりませんでした。

元々、あのあたりのバス路線を全面廃止にする予定がある会社でしたからね。
自治体の補助があってなんとか存続していますが、仕方ないですね。
時期をずらせば、そんなに混んでいるとは思えませんが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日立の桜 | トップページ | 新緑とカタクリの御前山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ