« 百草園から百草台自然公園 | トップページ | 荏ノ久保山から本仁田山 »

滝山城跡と滝山丘陵

百草園だけではもの足らず、八王子に出て、滝山丘陵へ。

2022032431

京王八王子駅からのバスを滝山城跡下で下車します。前はこんな石碑なかったような。

2022032432

フサザクラがよく咲いていました。

2022032433

いかにもな道を登っていきます。

2022032434

登り着いた所で左に折れて、以前に来た時に行かなかった山の神曲輪に向かいます。

2022032435

かなり雰囲気のある道。

2022032436

小宮曲輪枡形虎口という狭い通路がありました。

2022032437

行き止まりの山の神曲輪。民衆の避難場所だった場所のようです。

2022032438

戻って小宮曲輪に入ってみたら、怪しい道を辿ってしまい、なんかずっと怪しい道を進んでしまいました。

2022032439

なんとか戻れたので本丸跡に向かいますが、途中には広い千畳敷。

2022032440

見覚えのある中の丸。

2022032441

奥からは多摩川などを眺められました。

2022032442

本丸跡には霞神社。

2022032443

戻って下ると橋の下を通ります。

2022032444

このあたりは行き止まりの曲輪。

2022032445

そろそろ丘陵を先へ進んでいきます。明るい良い雰囲気。

2022032446

このあたりまで来るともう城跡は抜けて丘陵コース。

2022032447

もう雲がやってきてしまって日が陰りました。宇津木台まで歩いてバスで日野駅に出ました。

 

« 百草園から百草台自然公園 | トップページ | 荏ノ久保山から本仁田山 »

城跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 百草園から百草台自然公園 | トップページ | 荏ノ久保山から本仁田山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ