« 横瀬 二子山 | トップページ | 南沢湧水群へ »

底沢から景信山

5/8は高尾へ。

2022050801

GWも終わりなので、軽く歩ければよいかと相模湖駅から久しぶりにバスで底沢で下車。

2022050802

ササバギンランは久しぶりだなぁ。

2022050803

キンランも久しぶり。山で会えると嬉しいな。

2022050804

これは開くのか、それとも閉じたままなのかな。

2022050805

これはかなりしっかり開いていますね。

2022050806

以前は美女谷温泉の看板だったけど、今は美女谷の看板に変わっています。

2022050807

ウツギがよく咲いていました。

2022050808

ホウチャクソウも見かけました。

2022050809

赤倉沢林道に入る所にはコースを示す手製の道標が。

2022050810

怪しい踏み跡に入って登るとなんとこんな所にも手製の道標が。道というほどのものはなく、来る人はほとんどいないと思うけど。

2022050811

登っていきますが、こんな感じで踏み跡も怪しい。

2022050812

登山道に出る手前もこんな手製の道標あり。

2022050813

道に出たらすぐに登ってくる人達に会いました。

2022050814

久しぶりに登る道は新鮮だなぁ。結構グループ登山の人たちを何組かパスしました。そろそろ戻ってきたかな。ジュウニヒトエも久しぶり。

2022050815

底沢峠に出ました。

2022050816

ちょっと頑張ってスピードモード。やっぱりどんより雲。

2022050817

小仏城山からの丹沢方面も今一つ。

2022050818

さすがに古びた木の像は無くなったみたいです。代わりの城山の道標。

2022050819

ニョイスミレがちらほら。

2022050820

日影バス停から一つ先の裏高尾バス停まで歩いて終了でした。

 

« 横瀬 二子山 | トップページ | 南沢湧水群へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横瀬 二子山 | トップページ | 南沢湧水群へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ