« アカヤシオの蕨山へ | トップページ | 奥和留沢みはらしコース »

新緑とカタクリの御前山

4/23は御前山へ。

2022042301

別な山に行こうと思っていたけど、予定変更で御前山へ。奥多摩湖は思ったよりも水が少ない気が。

2022042302

堰堤を歩いて、いこいの路へ。

2022042303

ウツギやヤマツツジ、ヤマブキなどいろいろ咲いていました。

2022042304

まだ淡い新緑が良い感じ。

2022042305

新緑が美しい。

2022042306

だいぶ歩いて清八新道に取り付きます。

2022042307

取りつき付近は細い道でやはりマイナーコース。防火帯まで出れば新緑を楽しめます。

2022042308

やがて超急登。結構きついです。

2022042309

シロバナナガバノスミレサイシンが咲いていました。

2022042310

ひたすら頑張り尾根に出れば水窪山。

2022042311

くもりときどき晴れの予報だったのでこんなもんでしょう。御前山に向かいます。

2022042312

カタクリ自生地にはたくさん咲いていましたが、写真にあまり写ってないなぁ。。。

2022042313

ヤマエンゴサクも見かけました。

2022042314

ひたすら登って惣岳山に出るとすごい人。御前山に向かいますが、そちらも人だらけでした。

2022042315

藤倉に降りるつもりですがバスが少ないので、さくっと昼食を食べて下山にかかります。足元にはたくさんのカタクリ。

2022042316

天気が良くなってきたみたいです。小河内峠まで戻るとやはりヤマザクラがとてもきれいでした。

2022042317

藤倉へ陣場尾根を下ります。こちらも随分久しぶりの道。ちょっと細い所などもあります。新緑がきれい。

2022042318

ヤマザクラと新緑の組み合わせはいい感じ。

2022042319

見た目だともっと鮮やかですが、写真ではこんなところでしょうか。

2022042320

だいぶ降りると荷付場地蔵とありますが、石碑だけでお地蔵さんはないよ。

2022042321

登山道が終わると神社の横に巨木。

2022042322

藤倉からの14時のバスに間に合いました。

2022042331

フデリンドウも見かけました。

2022042332

今年二回目のマキノさん。一年に二度も見た事は初めて。今年はついているのかな?

たくさんのカタクリも見ることができて、楽しい歩きでした。

 

« アカヤシオの蕨山へ | トップページ | 奥和留沢みはらしコース »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アカヤシオの蕨山へ | トップページ | 奥和留沢みはらしコース »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ