« 下権現堂山へ | トップページ | 鋸山(長岡)へ »

上権現堂山へ

下権現堂山からの続きです。

2022052131

山頂から先にはオオイワウチワがたくさん咲いていました。

2022052132

次から次へと足元に。東京近辺はなんで少ないのかなぁ。悪い人が多いせいなのかどうか。。。

2022052133

先に上権現堂山が見えてきますが、なかなかアップダウンもあって遠いな。

2022052135

だいぶ歩いて後ろを振り返るともう下権現堂山から離れてました。

2022052134

アズマシャクナゲを一つだけ見かけました。

2022052136

やっぱり稜線はタムシバだらけでした。

2022052137

ウラジロヨウラクがあったのには吃驚。

2022052138

ちょっと雪渓で迷ったりしたけど、なんとか山頂へ。鬼の穴へはヤブになっていて止めました。

2022052140

中子沢の方に下りたいなという気もしたけど、雪渓が残っていたのでやめました。少し先まで行くと形の良い山が見えましたが、唐松山かな。

2022052141

しばらく戻り、中越コースに入って少し下ると雪渓で道が分からない!もう少し戻って、もう一つの中越コースに入ることにしました。

2022052142

下権現堂山に近い方の中越コースの入口。こちらはそれなりに歩かれているようです。しかし、こちらもしばらく下った所で雪渓になり、そこから先がよく分からなくなりました。あまり気分良くないけど、谷に向かって下るとなんとか踏み跡を見つけました。谷の中も雪渓が残っていました。やはりこのコースは残雪期は難しいですね。

2022052143

やがて夏道が出ていて、高巻き道になり、右手方向に進むとブナの森。水が出ていて一口飲みました。

2022052144

久しぶりに放し飼いのキクザキイチゲの青。やっぱり会えると嬉しいお花。

2022052145

下部へ降りていくとピンクのベニバナツクバネウツギがたくさんありました。

2022052146

随分降りると戸隠神社と下り口の分岐。戸隠神社に向かってみたら、歩きにくい道でした。

2022052147

行きに通った道に合流する直前には杉の大木がありました。

2022052148

ということで問題なく戸隠神社に戻って終了。タクシーを呼びました。

2022052151

ということで、ナガハシスミレ軍団。

2022052152

カタクリ軍団。

2022052153

オオバキスミレ軍団。

2022052120

シハイスミレ軍団。真ん中は葉が立っているからマキノスミレとも言えそう。。。

やっぱりお花の山でした。

 

« 下権現堂山へ | トップページ | 鋸山(長岡)へ »

登山(越後)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下権現堂山へ | トップページ | 鋸山(長岡)へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ