« 越後湯沢温泉 駒子の湯 | トップページ | 西国分寺から矢川へ »

生藤山から臼杵山

5/28は生藤山へ。

2022052801

井戸行きのバスも少なくなって午前中一本しかなくなりましたね。久しぶりに乗って上岩で下車。

2022052802

矢追沢沿いの道に入ります。最初は集落などもあり、奥へ進むと山に入っていきます。草が深い所もあったけど、山の中では意外にしっかりした踏み跡。

2022052803

二又になっている沢の所で沢から離れてトラバース道から折り返して登ります。

2022052804

尾根に出ると古い上岩と御霊を示すプレートが付いていました。

2022052805

先に進むと富士塚の手前。直登しました。

2022052806

富士塚は以前は小さなプレートがありましたが、なくなっていました。

2022052807

道に降りると以前にも見た覚えのある、木が並んでいる所。

2022052808

少し先に進むと今も石仏が置かれています。

2022052809

通常だと左の道を登るけど、右に進んでみると、鎌沢からの道に合流しました。

2022052810

登山道を登っていけば、久しぶりに富士山。さすがにだいぶ雪が少なくなりましたね。

2022052811

鎌沢の軍刀利神社でお参り。

2022052812

どんどん登って久しぶりに甘草水に立ち寄りました。前日が雨だったので少しは出ているかと思ったけど、ほんのごくわずかにちょろちょろ出ているくらいでした。

2022052813

さらに登っていくと三国山。緑に囲まれて眺めないです。

2022052814

生藤山からは富士山見られるかと思ったら、こちらも緑に囲まれてダメでした。

2022052815

先へ進んで茅丸を巻かずに登るとヤマツツジと富士山。ちょうど女性グループがたくさん来ていて人が多かったです。

2022052816

どんどん先に進み、連行峰を過ぎたあたりは気分の良い道。

2022052817

ひたすらアップダウンをこなし、醍醐丸。先週の越後で鍛えられたせいか、意外に疲れていない感じ。土曜日なので頑張ることにして、市道山方面に向かいます。

2022052818

市道山に向かうとランナーさんに何人か会いましたが、それ以降はあまり人に会いません。途中、随分枝藪が伸びていて、こんなにヤブっぽい道?とちょっと吃驚。さすがにアップダウンの多い稜線、最近は歩く人が減ったのかな。もうコアジサイを結構みました。

2022052819

ひたすら登って市道山。ニガナがよく咲いていました。

2022052820

笹平に降りても良いかなともちょっと思っていましたが、橋が流されて通行止めでした。再びアップダウンの道をこなして臼杵山。

2022052821

しばらく先へ行けば、臼杵神社。新しかった左右の狛犬も少し古びてきたようです。なんとか古い石像も健在のようです。

2022052822

15時台のバスに間に合うかなと急ぎ足で下りますが、蒸し暑くなったのとやはりヤブっぽい道になっていて時間がかかりました。バス停に着くと数分で来る時間で吃驚。マスクを付ける暇もなくバスがやってきて、息がまだ荒いまま慌てて乗り込んでバスの中でマスクを付けるほどでした。

 

« 越後湯沢温泉 駒子の湯 | トップページ | 西国分寺から矢川へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 越後湯沢温泉 駒子の湯 | トップページ | 西国分寺から矢川へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ