« セッコクの高尾山 | トップページ | 高尾山から城山トレーニング »

立川付近のお散歩

6/11は立川へ。

2022061101

立川駅で降りると北口駅前に若山牧水の歌碑。立川駅に立ち寄った際に詠んだ歌が書かれています。

2022061102

諏訪の森公園に入るとやはりこの時期はアジサイですね。

2022061103

諏訪神社に入ると突然大粒の雨が降り出しました。

2022061104

雨の中、お参り。なかなか立派な神社で、両横に二つの神社があって、珍しい感じの神社。八幡神社と稲荷神社だそうな。

2022061105

表参道を歩くと鳥居の横には大きな木。雨止んだかな。

2022061106

少し歩いて八幡神社の大ケヤキ。こんな住宅街にこんな大きな木があるのは珍しい感じ。ここから北に50mくらいのところに八幡神社があったそうですが、諏訪神社の横に移動したようです。以前は周囲6mほどあったそうですが、上部の幹が台風の影響などで折れたそうです。確かに真ん中が割れていて、ロープで止めていますが、いつ倒れてもおかしくなさそうな気はしました。

2022061107

しばらく歩いて普済寺。石灯籠がビッグサイズ。

2022061108

大イチョウの木があります。

2022061109

またしばらく歩いて根川緑道。下水処理施設の高度に処理した水が流されているようです。

2022061110

さらに歩いて立川公園の花菖蒲園にも立ち寄りました。なんとか花菖蒲、間に合いました。

2022061111

珍しくアゲハチョウが飛んできて、近くに止まったので撮影。標準レンズだからこのくらいが限界でした。

2022061112

多摩川の堰堤に出ます。天気悪いから山が少し見えたくらい。

2022061113

日野橋のあたりからバスに乗るつもりでしたが、バスは1時間に1本しかなく、結局、立川駅まで歩いて戻りました。

 

« セッコクの高尾山 | トップページ | 高尾山から城山トレーニング »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セッコクの高尾山 | トップページ | 高尾山から城山トレーニング »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ