« 会津高原温泉 夢の湯2022 | トップページ | 会津磐梯山へ(表登山口から弘法清水まで編) »

三頭山の未踏の道を歩く

6/26は三頭山へ。

2022062601

こう急に猛暑だと歩く山に困る。やはりお手軽に軽く歩ける山ということで都民の森が歩き出し。やはり気温は24℃とかで、湿気は多いけど暑くないです。

2022062602

ほとんど歩く人などいなさそうな里山の道を登ります。十年くらい前に歩いていたようですが、すっかり忘れてます。

2022062603

立岩の表示があるけど、この時期は全く眺めなし。

2022062604

途中にはテラスがあります。

2022062605

鷹ノ巣山から雲取山、三ツ岳、飛竜山などを見ることができました。

2022062606

登っていくと道標があり、ブナの道は左に下りますが、右へもう少し登ります。

2022062607

すぐに砥山の山頂。前より山名板が増えてました。

2022062608

風張峠からの道と合流して鞘口峠へ向かいます。途中は以前に休んだベンチ。

2022062609

鞘口峠を過ぎて登っていくとコアジサイ。

2022062610

今回は登山道ではなく、歩いていないブナの道を登り、見晴らし小屋。

2022062611

下界は暑そうだなぁ。。。

2022062612

頑張って登って東峰。数人が休んでました。

2022062613

中央峰もすぐ先。ベンチが空いていたので、眺めはないけど座ってのんびり昼食にしました。

2022062614

西峰はやはりそれなりの人。富士山は下だけで上は雲でした。

2022062615

下って三頭大滝へ。水量は多くないです。今年は猛暑で水不足が心配ですね。

2022062616

都民の森で一番大きいモミの木に立ち寄りました。幹回り5mの巨木。周りの木が邪魔するので全体を撮るのが難しい木です。

2022062617

今回は歩いたことのない数馬への道を下ります。

2022062618

飛び石で渡る所がありました。木橋を渡る所があります。古びているので強度が少し心配でしたが、まだ大丈夫でした。

2022062619

こんな所あったのかという感じ。

2022062620

菅平の滝と表示があり、降りてみると滝が見えました。全体を見るには対岸に渡る必要があり、なんとか少し靴を濡らして飛び石で渡ると見られました。

2022062621

降りていくと周遊道路に出て、兜屋旅館などがある道を下りました。

2022062622

九頭龍神社に立ち寄ってお参り。

2022062623

数馬のバス停に下ったけど、一時間待ちなので、さらに歩いて笛吹入口バス停まで歩きました。

 

« 会津高原温泉 夢の湯2022 | トップページ | 会津磐梯山へ(表登山口から弘法清水まで編) »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会津高原温泉 夢の湯2022 | トップページ | 会津磐梯山へ(表登山口から弘法清水まで編) »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ