« 上権現堂山へ | トップページ | 越後湯沢温泉 駒子の湯 »

鋸山(長岡)へ

22日は鋸山へ。

2022052201

バスでこの山にアプローチするような人は滅多にいないと思いますけど、昨日はタクシー往復でお金を使ったので、節約します。長岡駅からバスで終点の栖吉バス停まで乗りました。山に行くにはちょっと遅い時間だけど仕方がないです。雨のちくもりの天気予報で早朝は雨でしたが、朝はもう降っていませんでした。

2022052202

道路をひたすら歩きます。途中には萱峠コースという入口がありました。

2022052203

さらにしばらく道路を登ってようやく花立峠登山口。大きな駐車場があり、たくさんの車が止まっていました。人気の山なんだなぁ。

2022052204

山に入るとすぐに天狗清水。たっぷりの水が出ていて、美味しい水でした。

2022052205

花立峠に向かう道はいかにも峠道っぽくて良い感じ。

2022052206

しばらく登った所で左に入ると烏滝。観瀑台から見る滝はそれほど大きな滝ではなかったです。

2022052207

すでに結構きついなと思ってましたが、まだ三合目の表示を見てがっくり。

2022052208

登っていくと少し天気が良くなったようです。

2022052209

ニョイスミレがたくさん。

2022052210

じぐざぐの登りをひたすら頑張ります。昨日の歩きもあって足が重くてきついです。

2022052211

サンカヨウの咲き残りに会えました。サンカヨウに会えたのは久しぶり。

2022052212

今日もオオバキスミレに会えました。

2022052213

ひたすら登って花立峠。もうお昼なので昼食にしました。

2022052214

山頂へ向かう道もなかなか歩きにくいアップダウンのある道。オオイワカガミがやはりちらほら。

2022052215

やっとのことで鋸山の山頂。大きな石祠がありました。

2022052216

市街は明るく、晴れているのかな。

2022052217

往路を戻ります。ブナなどもある気持ちの良い下り。

2022052218

花立峠付近まで戻ると日差しが出て晴れてきたようです。

2022052219

ベニバナツクバネウツギはやはりよく咲いていました。

2022052220

午後になっても結構人が登って来る山ですね。天狗清水でたっぷりと水を飲み、ペットボトルにも入れて持ち帰りました。

2022052221

林道を下っていきますが、途中、右手に風谷山登山口という表示がありました。小さな山があるようですね。

2022052222

集落まで戻ると石碑。このあたりの開墾を代官に直訴した翁の石碑のようでした。

2022052223

栖吉バス停まで戻り、なんとか14時後半のバスに間に合いました。駅まで自分以外には誰一人乗らず、この路線、大丈夫かなと思いました。

 

« 上権現堂山へ | トップページ | 越後湯沢温泉 駒子の湯 »

登山(越後)」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
車道あるき長いですよね。。。
今年の4月に三ノ垰山に行ったときは、まだ残雪があって風谷山登山口にたくさん車がとまってました。ほとんど山菜取りのようでしたが。

くま公さん、こんにちは。
さすがこのあたり行かれていましたか。
風谷山気になりますね。萱峠コースも気になるし、機会があればと思うけど、なかなか難しいかな。

バスは回っていくから時間がかかるけど、タクシーなら一直線で行くから、そんなに高くはなさそうにも思えました。片道なら使ってもいいかな。バスがなくなったりしないといいですけどね。最近はホントにバスがなくなってしまう所多いですからねぇ。。。

リブルさん こんにちは。
私も4月に三ノ峠山に登ったことがあり、そこから鋸山を見ました。
そのころは、カタクリは踏みつけてしまうほどに咲き広がり、キクザキイチゲやアズマシロカネソウなど
お花がいっぱいでした。
今はずいぶんと緑が濃くなっていますが、サンカヨウやオオバキスミレなどが咲くのですね。
サンカヨウはなぜか見たくなるお花ですね。

はなねこさん、こんにちは。
はなねこさんも三ノ峠山に行かれたことがあるのですか。
結構メジャーな山なのですね。

濡れたサンカヨウは透明感があって良いですね。調べたら、前日はたくさん咲いていたらしいですが、朝の雨でほとんどなくなってしまったようでした。
尾瀬によく行っていたときはいくらでも見ましたが、最近はすっかり会えなくなり、随分久しぶりでした。やはり好きなお花の一つです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上権現堂山へ | トップページ | 越後湯沢温泉 駒子の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ